メインメニューを開く

吉田 優也(よしだ ゆうや、1989年4月28日 - )は、東京都出身の日本柔道選手。階級は90kg級。身長は171cm。血液型はA型。段位は四段。組み手は右組み。得意技は大内刈大外刈背負投内股。現在は旭化成に所属[1]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界団体
2015 アスタナ 90kg級
ワールドマスターズ
2015 ラバト 90kg級
グランドスラム
2014 チュメニ 90kg級
2009 東京 90kg級
ワールドコンバットゲームズ
2013 サンクトペテルブルク 90kg級
アジア大会
2014 仁川 90kg級

人物編集

柔道は5歳の時に鈴木道場で始めた[1]東海大相模中学3年の時には全国中学校柔道大会 90kg級で優勝を果たした[1]東海大相模高校2年の時には全国高校選手権の決勝で国士舘高校と対戦すると、重量級の百瀬優に一本勝ちしてチームを優勝に導いた[1]。3年の時には金鷲旗でも優勝を飾った[1]インターハイの団体戦では準決勝で百瀬に敗れてチームも3位にとどまり、高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)はならなかった[1]全日本ジュニアでは2位だった[1]

東海大学に進学後、1年の時に全日本ジュニアで優勝した[1]。さらにシニアのグランプリ・ハンブルクグランプリ・アブダビで2位に入るなどの実績を積み重ねた[1]。2010年にはグランプリ・デュッセルドルフグランプリ・ロッテルダムで優勝を果たした[2]。また、全日本学生柔道優勝大会では4連覇に貢献することにもなった[1]

大学を卒業後、旭化成所属となると、2013年のワールドコンバットゲームズでは3戦3勝でチームの優勝に貢献した[3]。2014年4月の体重別では決勝で大学の後輩となるベイカー茉秋から有効2つを取って優勝を果たした。7月のグランドスラム・チュメニでも優勝を飾った[4]。9月のアジア大会では決勝でウズベキスタンのディルショド・チョリエフGSに入ってから有効で破って優勝を果たした[5]。4月の体重別では決勝でベイカーに技ありで敗れて世界選手権代表には選出されなかったが、世界団体のメンバーには選ばれた[6]。5月のワールドマスターズでは2位だった[7]。8月の世界団体では決勝で敗れたものの、チームは優勝を飾った[8]

2018年に旭化成柔道部コーチ、2019年に旭化成柔道部監督に就任[9]

戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集