メインメニューを開く

グランドスラム・東京2015は2015年12月4日から6日の3日間にわたって、東京体育館で開催された柔道の国際大会[1]。     

目次

大会概要編集

正式名称 GRAND SLAM TOKYO 2015 INTERNATIONAL JUDO TOURNAMENT
開催日程 4日 男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級
5日 男子73kg級、81kg級、女子63kg級、70kg級
6日 男子90kg級、100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級
開催場所 東京体育館
主催 財団法人全日本柔道連盟

大会結果編集

男子編集

階級
60kg以下級   高藤直寿   ベスラン・ムドラノフ   志々目徹
  金源鎮
66kg以下級   高上智史   海老沼匡   高市賢悟
  ダワードルジ・トゥムルフレグ
73kg以下級   秋本啓之   安昌林   ヌグザリ・タタラシビリ
  ムサ・モグシコフ
81kg以下級   アブタンディル・チリキシビリ   イ・スンス   永瀬貴規
  王己春
90kg以下級   ベイカー茉秋   アスレイ・ゴンサレス   西山大希
  郭同韓
100kg以下級   羽賀龍之介   チョ・グハム   エルマール・ガシモフ
  シリル・マレ
100kg超級   原沢久喜   七戸龍   上川大樹
  スタニスラフ・ボンダレンコ

女子編集

階級
48kg以下級   近藤亜美   浅見八瑠奈   サラ・メネゼス
  ナタリア・コンドラテワ
52kg以下級   中村美里   志々目愛   橋本優貴
  アナベル・ウラニ
57kg以下級   芳田司   エレーヌ・ルスボー   ドルジスレン・スミヤ
  ヘドヴィグ・カラカス
63kg以下級   マルティナ・トライドス   ティナ・トルステニャク   田代未来
  エカテリーナ・バルコワ
70kg以下級   新井千鶴   大野陽子   リンダ・ボルダー
  マリア・ポルテラ
78kg以下級   ケイラ・ハリソン   フーシェ・ステーンハイス   アナマリ・ベレンシェク
  ジェマ・ギボンズ
78kg超級   稲森奈見   イダリス・オルティス   エミリ・アンデオル
  イリーナ・キンゼルスカ

各国メダル数編集

国・地域
1   日本 11 5 7 23
2   ジョージア 1 0 1 2
3   ドイツ 1 0 0 1
  アメリカ合衆国 1 0 0 1
5   韓国 0 3 3 6
6   キューバ 0 2 0 2
7   フランス 0 1 3 4
  ロシア 0 1 3 4
9   スロベニア 0 1 1 2
10   オランダ 0 1 0 1
11   ブラジル 0 0 2 2
  モンゴル 0 0 2 2
  ウクライナ 0 0 2 2
14   アゼルバイジャン 0 0 1 1
  イギリス 0 0 1 1
  ハンガリー 0 0 1 1
  イスラエル 0 0 1 1

誤審を巡る騒動等編集

  • 今大会における81kg級準決勝の永瀬貴規対韓国のイ・スンス戦で誤審が起こった。この試合では永瀬が指導1でリードした中盤にイに内股を仕掛けたが跨れたために、股間の下に入り込んだ左手がイの上裾を掴んだ状態から、イを掬い投げのように勢いよく投げた。しかしながら、それがポイントにならないどころか、反則負けの対象となる足取りと見なされて3位に終わり、今大会3連覇はならなかった。監督の井上康生ジュリーに対して、一連の攻撃では下半身に触れておらずルール上反則にならないと猛然と抗議した。ビデオで何度もチェックし直すと、下半身には触れていなかったことが明らかになったために、IJF主任審判委員長のフアン・カルロス・バルコスは誤審を認めて謝罪した。だが、結局判定が覆ることはなかった。井上はこの件に関して「2度とあってはならないことだし、納得できない部分があるので」IJFに意見書を提出するという。永瀬を指導する筑波大学総監督の岡田弘隆は、「主審は仕方がない。ビデオでチェックするジュリー(審判委員)の知識と理解が足りなかった。ちょっとレベルを疑います」とコメントした[2][3][4]

テレビ放送編集

本大会はテレビ東京系列により放送された。MC小泉孝太郎秋元玲奈、ゲスト解説を吉田秀彦杉本美香、解説を穴井隆将小野卓志杉本美香福見友子がそれぞれ担当した。また、大会初日には野村忠宏がスペシャルゲストとして招待された。さらに、マーティ・フリードマンの“威風堂々〜The Path to Glory”が応援ソングとなった[6]

脚注編集

外部サイト編集