メインメニューを開く

名古屋新聞(なごやしんぶん)とは、1906年(明治39年)創刊の日刊新聞である。愛知県名古屋市を拠点に発行していた。現在の中日新聞の前身の一つ。

名古屋新聞
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 名古屋新聞社
本社 愛知県名古屋市
創刊 1886年
廃刊 1942年8月31日
前身 金城新報社、金城社、中京新報社
言語 日本語
特記事項:
1942年9月1日、名古屋新聞と新愛知新聞統制により合併、『中部日本新聞』(現在の中日新聞)を新たに創刊。
テンプレートを表示

歴史編集

1886年(明治19年)2月に金城新報金城たよりを創刊していた金城新報社(きんじょうしんぽうしゃ)を前身とする。その後、金城新報社は金城新報の発行を続けた金城新報社と真金城を創刊した金城社に分裂した。結果、金城新報は1895年(明治28年)3月16日付で廃刊になった。

真金城は1896年1896年(明治29年)4月、中京地方で活躍していた実業家の山田才吉を社長に合資会社中京新報社として再建されるとともに、同年7月7日に紙名を中京新報(ちゅうきょうしんぽう)と改題した。1906年(明治39年)11月3日、大阪朝日新聞(現:朝日新聞大阪本社)通信部にいた小山松寿山田才吉から当時の中京新報を譲り受け、再創刊された[1]

民政党寄りの進歩的な論調で名古屋市内を中心に購読者層を拡げ、同じ名古屋の地元紙で郡部を基盤とする政友会系の新愛知とは論調、新聞販売、付帯事業(プロ野球)など激しく対立。熾烈な競争を繰り広げたが、戦時下による新聞統制に伴って1942年(昭和17年)に両社が合併し、中部日本新聞社(ちゅうぶにっぽんしんぶんしゃ)が設立された。

略歴編集

  • 1886年(明治19年)3月 - 前身となる金城新報金城たよりを創刊。
  • 1894年(明治27年)4月 - 金城新報真金城に分裂。
  • 1896年(明治29年)7月 - 真金城山田才吉を社長に中京新報社と再建されて中京新報に改題。
  • 1906年(明治39年)11月 - 小山松寿山田才吉から中京新報社を譲り受け、名古屋新聞を創刊。
  • 1936年(昭和11年)1月 - プロ野球チーム名古屋金鯱軍を結成(現存せず。中日ドラゴンズとは無関係)。
  • 1942年(昭和17年)9月 - 新愛知新聞社と合併し、株式会社中部日本新聞社設立。日刊紙「中部日本新聞」創刊。

題字の地紋編集

名古屋城の金の鯱をデザインしたもの。終刊まで使用。

備考編集

主宰していた小山松寿は中部日本新聞社設立と同時に新聞界から去り、養嗣子である小山龍三が副社長として経営に当たった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『新修 名古屋市史』名古屋市、2000年発行