新愛知

1888年創刊の日刊新聞

新愛知(しんあいち)とは、1888年明治21年)創刊の日刊新聞である。文字通り現在の愛知県名古屋市を拠点に発行していた。現在の中日新聞の前身の一つ[1]

新愛知
新愛知新聞社.jpg
御幸本町通の本社外観(1933年頃)
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社新愛知新聞社
本社 愛知県名古屋市中区御幸本町通
北緯35度10分34.62秒 東経136度54分7.09秒 / 北緯35.1762833度 東経136.9019694度 / 35.1762833; 136.9019694
創刊 1886年3月(無題号)
廃刊 1942年8月31日
前身 無題号→愛知絵入新聞
言語 日本語
特記事項:
1942年9月1日、新愛知と名古屋新聞新聞統制のため合併し、新たに『中部日本新聞』(現在の中日新聞)として創刊。
テンプレートを表示

解説編集

1886年明治19年)に無題号(固有名詞ではなく「特に名称の無い新聞」の意味でこう呼ばれる)として創刊、翌年には『愛知絵入新聞』と命名され日刊紙となるも官憲の弾圧で廃刊に追い込まれる[2]。その後、無題号の創刊時から愛知絵入新聞に関わっていた大島宇吉によって1888年(明治21年)7月5日に『新愛知』の名称で復刊し[2]1914年大正3年)から1924年(大正13年)までは、桐生悠々を主筆として迎えた[3]

昭和に入るころは政友会系の新聞として東京・大阪の中央紙に次ぐ地方最有力紙にまで成長し、関東大震災後に経営不振に陥っていた東京の名門紙である國民新聞社(後の東京新聞社)を傘下に収めた[2]。この時期には愛知県内で最大の部数を誇り、読者基盤は拠点の名古屋市内よりも尾張南部の知多半島一帯および三河の郡部が中心であったが、名古屋市内と尾北では民政党系の名古屋新聞が優位で[4]、両紙は政論・販売・各種事業の分野で激しいライバル争いを繰り広げた。

1936年(昭和11年)には、当時の主筆であった田中斉により職業野球チーム名古屋軍(現在の中日ドラゴンズ)を結成。正力松太郎大日本東京野球倶楽部創設者)による日本職業野球連盟(現在の日本野球機構の源流)の設立構想に対抗して独自リーグ大日本野球連盟の設立を図り、子会社の國民新聞社を通じて大東京軍を結成した。その後、両球団は名古屋新聞が新愛知に対抗して結成した名古屋金鯱軍と共に日本職業野球連盟へ合流している。

1942年(昭和17年)、戦時下による新聞統制に伴い長年のライバル紙であった名古屋新聞社と合併し、新たに中部日本新聞社が設立された[1]。なお大島家は名古屋新聞の小山家と共に中日新聞社の歴代社主を輩出し、引き続き両家共同で経営を手がけている。新愛知の旧本社棟は戦後もしばらく中日新聞社の別館として使われたが、2006年平成18年)より系列の中日病院が跡地に移転した。

社章・題字編集

 
新愛知新聞社の社章
社章

社章は円形の「し」の中に「ん」を書き、上部に1文字ずつ改行の縦書きで「あいち」を加えたもの。1912年(明治45年)の新社屋落成記念絵葉書などで現物を確認できる。

題字

1913年(大正2年)5月20日から1942年(昭和17年)8月31日の最終号まで使用。燭台は啓蒙と指導、秤は正義と中庸、楽器は文化、歯車は工業の発展、神杖は商業、鎌は農業の発展を祈る意味が込められているという[5]

略歴編集

 
新愛知の題字
  • 1886年(明治19年)3月 - 前身となる無題号創刊。
  • 1887年(明治20年)8月 - 愛知絵入新聞として新装刊したが、官憲の弾圧により翌年に1年足らずで廃刊。
  • 1888年(明治21年)7月5日 - 愛知絵入新聞の発行禁止が解除され、大島宇吉により新愛知として復刊。
  • 1912年(明治45年) - 名古屋市中区本町二丁目に本社新社屋落成[6]2月11日、落成式[6]
  • 1913年(大正2年)5月20日 - 大島宇吉社長の発案による新題字地紋をこの日から使用開始[5]
  • 1933年(昭和8年)5月1日 - 東京の國民新聞の経営権を取得(國民新聞は昭和17年に都新聞と合併し「東京新聞」になる)。
  • 1936年(昭和11年)1月15日 - 名古屋軍(現在の中日ドラゴンズ)を結成。
  • 1942年(昭和17年)9月1日 - 名古屋新聞社と合併し、株式会社中部日本新聞社設立。日刊紙「中部日本新聞」創刊。本社は西川端町の旧名古屋新聞社に置かれ、新愛知の本社棟は別館となった。

地方付録編集

地方版と異なり、現地支局が独自に編集し、広告を集めて現地で印刷発行を行うもので、一種の地方紙である。

以上は現在の中日新聞(愛知・岐阜・三重県各地の新聞は名古屋の本部、駿遠は東海本社)の源流でもある。
以上は現在の北陸中日新聞(福井はその後日刊福井と紙面統合し日刊県民福井)の源流でもある。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 新聞研究所 編(日本語) 『日本新聞年鑑 大正14年』新聞研究所。全国書誌番号:43039835 
  • 名古屋市会事務局 編(日本語) 『名古屋市会史 別巻第2 総合名古屋市年表(大正編)』名古屋市会事務局、1963年3月10日。全国書誌番号:49011382 
  • 中日新聞社社史編さん室 編 『中日新聞創業百年史』中日新聞社、1987年8月28日。 

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、新愛知に関するカテゴリがあります。