メインメニューを開く

岩子島

広島県、芸予諸島にある島
向島大橋から転送)

地理編集

 
御幸瀬戸と向島大橋。右が岩子島。

本州尾道市から南の尾道水道を隔てた位置にある島[1]。東側が御幸瀬戸を隔てて向島になり、 向島大橋で結ばれている[1]。向島はしまなみ海道と結ばれているため、この島は本州と陸続きになる[1]。地理的・文化的にも向島と一体化している存在である[2]

面積2.46km2(2015年現在[3])。周囲約8km [4]。気候は瀬戸内海式気候

人口約660人、高齢化率44.9%(2012年現在[5])。島域すべて〒722-0072広島県尾道市向島町岩子島。

歴史編集

 
尾道水道西端。左が岩子島、中央が鯨島。

近世まで編集

この島では遺跡・古墳・古城跡といった埋蔵文化財は発見されていない[6]

島の南西部にある岩子島厳島神社には、太古の昔市岐島姫命が滞在した伝説が残る。ただ話自体は後世の創作であるとしている[7]

この島の北西部、尾道水道の西端にある2つの無人島は、大鯨島/小鯨島と呼ばれ、現在は三原市に属する。この島のことは、応安4年(1371年)今川貞世(了俊)が九州探題として下向していた時の紀行文『道ゆきぶり』や、康応元年(1389年)足利義満厳島詣の際の紀行文『鹿苑院殿厳島詣記』に登場する[8]

其海中に木ぶかき小島二ならびたり、是なんくぢら島といふなり、年ごとのしはすに、くぢらといふうを多くよりきつヽ、又のとしのむ月に又かへり侍るとなん、是はこヽにいます神の誓にてかく侍ると、海人どもの申也・・・ — 今川了俊、道ゆきぶり[9]

つまり、中世には岩子島付近までクジラが来ていたことを意味する。(なお、スナメリは近年でも回遊する姿が見られる。)

江戸時代、この地は広島藩領となる。

近代以降編集

いわしじまむら
岩子島村
 
1929年 尾道都市計画区域図
廃止日 1954年3月31日
廃止理由 編入合併
御調郡向島町、御調郡岩子島村→御調郡向島町
現在の自治体 尾道市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
御調郡
岩子島村役場
所在地 広島県
 表示 ウィキプロジェクト


産業編集

島の産業の中心は農業

特に国内トップの生産量を誇るワケギの産地として著名である。大正時代から一大産地となったものの、太平洋戦争中には統制野菜(麦やサツマイモなど)が生産されたため、一時期廃れた。1949年(昭和24年)野菜の統制撤廃後からワケギ栽培が復活し、農業技術の革新により1970年代には広島ワケギの名声を確立した。島の農家の4割がワケギ農家である[1][12]

また広島県内トップの生産量を誇るトマトの産地でもある[4]

観光・文化編集

文化財編集

ここでは国・県・市が指定している文化財を列挙する[2]

  • 県天然記念物
    • 阿弥陀寺のビャクシン - 樹高約16m×胸高幹囲2.7m [13]
  • 市天然記念物
    • ゆるぎ岩

例祭・行事編集

 
岩子島厳島神社参道
  • 市有形民俗文化財
    • 岩子島厳島神社管絃祭

名所編集

  • 岩子島厳島神社
  • 岩子島海水浴場
  • 鶏の鼻 …… 南端の岬。因島大橋が一望できる。

作品・ロケ地編集

交通編集

向島大橋
基本情報
所在地 広島県尾道市
交差物件 瀬戸内海御幸瀬戸
座標 北緯34度22分34.3秒
東経133度10分25.3秒
構造諸元
形式 ランガー橋(車道部)、ワーレントラス単純桁橋(歩道部)[10]
有効幅員 4.9 m 、車道幅員 4.5 m 、 歩道幅員 2.5 m [10]
高さ 14 m [10]
最大支間長 118.9 m [10]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

向島大橋、尾道大橋で結ばれているため陸続きである。フェリー航路・渡船は存在していない。公共交通機関としてはおのみちバスの路線がある。

向島大橋は、北側に車道橋としてのランガ―橋と、南側に歩道橋としてのトラス橋が並走して架けられ、どちらも鮮やかな赤の塗装が施されている。尾道と向島を結ぶ橋が尾道大橋であることなどの前例から、岩子島大橋ではなく向島大橋と命名された。全長は 約140 m 、海面からの高さは 14 m で、1968年昭和43年)に日本初の海を渡る農道の橋(渡海農道橋)として開通し、1990年平成2年)にトラス橋が併設された[10]

出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 岩子島”. コトバンク. 2016年4月5日閲覧。
  2. ^ a b 歴史文化保存活用区域の位置及び範囲 (PDF)”. 尾道市. 2016年4月5日閲覧。
  3. ^ 平成27年全国都道府県市区町村別面積調”. 国土地理院. 2016年4月5日閲覧。
  4. ^ a b いぐさとすずめのお宿と部員”. 尾道自由大学. 2016年4月5日閲覧。
  5. ^ 福祉ひろしま vol.79 (PDF)”. 広島県社会福祉協議会. 2016年4月5日閲覧。
  6. ^ 尾道市(旧・因島市,旧・豊田郡瀬戸田町,旧・御調郡御調町,向島町を含む) (PDF)”. 広島県教育委員会. 2016年4月5日閲覧。
  7. ^ 三原郷土史木曜会 連載「向島の町史」の現地を訪ねる”. みはら市民協働サイト. 2016年4月5日閲覧。
  8. ^ 道ゆきぶり(みちゆきぶり)”. ひろしま文化大百科. 2016年4月5日閲覧。
  9. ^ 古事類苑>地部二十七>安藝國>地勢”. 国文学研究資料館. 2016年4月5日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 向島大橋(むかいしまおおはし)”. 広島県庁 (2015年3月11日). 2016年4月5日閲覧。
  11. ^ a b c 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  12. ^ ワケギ”. ひろしま文化大百科. 2016年4月5日閲覧。
  13. ^ 阿弥陀寺のビャクシン”. 広島県教育委員会. 2016年4月5日閲覧。

外部リンク編集