メインメニューを開く

喜劇 駅前女将』(きげき えきまえおかみ)は、1964年1月15日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ東京映画作品。90分。

喜劇 駅前女将
Ryogoku-station new.jpg
映画の舞台となる両国駅(写真は2016年12月現在)
監督 佐伯幸三
脚本 長瀬喜伴
製作 佐藤一郎金原文雄
出演者 森繁久彌
伴淳三郎
フランキー堺
淡路恵子
森光子
音楽 松井八郎
撮影 黒田徳三
編集 広瀬千鶴
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1964年1月15日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前茶釜
次作 喜劇 駅前怪談
テンプレートを表示

キャッチコピーは「待ってました! 豪華20大スターの超娯楽大作!」。

概要編集

駅前シリーズ』第7作。本作より監督は久松静児から佐伯幸三に代わり、佐伯は1967年公開の『喜劇 駅前満貫』まで、シリーズ12作品を担当する。

本作の舞台は両国駅近辺で、東京が舞台になるのは第1作『駅前旅館』以来6年振りである。そしてタイトル通り、本作は女優陣の活躍を主にした。

両国が舞台ということもあって、佐田乃山(後の第50代横綱)・栃ノ海(同・第49代横綱)・栃光(当時・大関)・出羽錦(当時・前頭。後にタレントとしても活躍する田子ノ浦親方)といった力士たちがゲスト出演する。

スタッフ編集

出演者編集

同時上映編集

乱れる

参考資料編集

外部リンク編集