伴淳三郎

日本のコメディアン、俳優

伴 淳三郎(ばん じゅんざぶろう、本名;鈴木 寛定<すずき ひろさだ>、1908年1月10日 - 1981年10月26日)は、昭和期のコメディアン俳優。息子はスタイリスト山本康一郎。愛称は「バンジュン」。

ばん じゅんざぶろう
伴 淳三郎
伴 淳三郎
「アジャパー」のポーズをとる伴淳三郎(1954年)
本名 鈴木 寛定
すずき ひろさだ
生年月日 (1908-01-10) 1908年1月10日
没年月日 (1981-10-26) 1981年10月26日(73歳没)
出生地 日本の旗 日本山形県米沢市
民族 日本人
職業 俳優コメディアン
活動期間 1927年 - 1981年
配偶者 あり
著名な家族 山本康一郎(息子)
主な作品
映画
伝七捕物帳』シリーズ
駅前シリーズ
飢餓海峡
どですかでん

テレビドラマ
寺内貫太郎一家
いちばん星
ムー
ムー一族
テンプレートを表示

来歴・人物編集

出生編集

山形県米沢市南画家の息子として生まれる。父について山形と東京を行ったり来たりするが、5歳のときから山形市小姓町で育つ。

山形市立第一尋常小学校卒業後、熊谷市の兄の家に寄宿して高等小学校に通っていたが、兄との折り合いが悪く家出し、東京に出る。そこで、母方の叔父で新派劇河合武雄の番頭をしていた斎藤好三郎を頼り、「文芸協会」出身の新劇俳優、東儀鉄笛の付き人となり、彼が主演した映画に出演する。その後、正則英語学校に通っていたが、俳優への思いを断ち切れず、東儀が所長をしていた「新劇研究所」の研究生に応募するが落第。東京市内を回っていた「中川竹三一座」に入る。その後、いくつかの劇団に入るが、映画にも取り組んでいる「明石潮一座」に入り、駕籠かき役などで映画出演する。

俳優としての活動・戦前編集

1927年日活大将軍撮影所に大部屋俳優として入る。しばらく、端役での出演が続いたが、1929年渡辺邦男監督の『竜巻長屋』に大役をもらう。以後、渡辺監督に喜劇俳優として重用される。

1931年、東京に戻り、曾我廼家五九郎一座に入り、清川虹子らと活動するが、1934年大都映画に入り、主役級として活躍。極東映画を経て、1937年、日活で親しかった永田雅一が所長を務める新興キネマ京都撮影所に入社し、忍術映画などで活躍する。

1939年、新興キネマ演芸部があきれたぼういずなどの吉本興業の人気タレントを大量に引き抜いたときも暗躍する。ところが、引き抜きの工作に奔走する際、伴は狙う相手の名前を書き並べたメモ帳を円タクの中に置き忘れてしまうという大失態を犯し、ことの重大さに自殺まで考えたという。しかし、伴が降りた後、その円タクを拾ったのが歌手の灰田勝彦で、灰田は拾ったメモ帳を何も言わずに伴に送り届け、事無きを得て以来、伴は灰田に頭が上がらなかったという。

1940年、「化け猫女優」こと鈴木澄子らとハワイサンフランシスコ巡業を行い、帰国後、秋田實の応援で小夜福子らと劇団を結成するがほどなく解散。小さな軽演劇の一座の座長として終戦を迎える。ただし、徴兵召集令状は受け取っていたが、徴兵検査にはきれいに化粧、女装で出かけていき、その格好を見た検査係官が憤慨、検査場から追い出され、さらに検査直前には醤油を大量に(一升瓶1本分)飲み、「肝臓病」を装って徴兵を逃れている。

俳優としての活動・戦後編集

戦後は、清川虹子笠置シヅ子らと浅草で活動し、美空ひばりの売出しを図るが失敗。

1951年頃から当時同棲中の清川虹子の仲介により新東宝斎藤寅次郎監督の一家に入って、本格的に映画に復帰する[1]1951年、斎藤寅次郎監督、高田浩吉主演の『吃七捕物帖・一番手柄』に出演した折、「アジャジャーにしてパーでございます」が大ウケし、それを短くした「アジャパー」が大流行。

1953年には、主役映画『アジャパー天国』が斎藤寅次郎監督で作られるにいたり、「バンジュン」の愛称で主演映画が次々と封切られる売れっ子スターとなる[2]

1955年からは、松竹で、花菱アチャコと共演の『二等兵物語』シリーズ、1958年からは、森繁久彌フランキー堺と共演の『駅前シリーズ』が大ヒットする。

珍演怪演をする珍優とも言われ[3][4]、喜劇俳優として活躍する一方、1964年内田吐夢監督、水上勉原作の『飢餓海峡』の老刑事の演技で毎日映画コンクール男優助演賞を受賞するなど、シリアスな演技にも独特な味わいを見せた。同映画に出演した際には監督の内田から徹底的にしごかれ、自信を喪失してしまい、落ち込んだ表情になりがちだった。しかし、実のところそれが内田の狙いであった。結果的に、伴はいわゆる「枯れた演技」を成し遂げることになった。

浅草サンバカーニバルを発案したり[5]、募金運動のあゆみの箱の提唱者でもある[6]関西出身ではないのに「関西喜劇人協会」の会長をつとめたり、若き時代の渥美清生田悦子をイビリ倒していた[7]。また、稲川会稲川聖城の庇護を受けており、雑誌記者が稲川の自宅を訪ねた際に、遊びに来ている伴淳三郎の姿を幾度も目撃している[8]

1978年紫綬褒章受章。1981年10月26日に食道静脈瘤破裂により73歳で死去。枕元には、かつての妻の清川虹子がおり、伴を看病し、喪主も清川が務めた。遺作は死去後の11月3日から放送が開始された連続テレビドラマ『ひまわりの歌』。

主な出演作品編集

映画編集

テレビ番組・テレビドラマ編集

コマーシャル編集

著書編集

伝記編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小林信彦『地獄の観光船 コラム101』集英社、1981年、p.234。
  2. ^ 瀬川昌治『乾杯!ごきげん映画人生』清流出版、2007年、pp.65-67。
  3. ^ 『乾杯!ごきげん映画人生』p.67。
  4. ^ 小林信彦『日本の喜劇人』新潮文庫、1982年、p.72.
  5. ^ なぜ、浅草とサンバ?浅草サンバカーニバル公式サイト
  6. ^ あゆみの箱とは?[リンク切れ] 社団法人あゆみの箱公式ホームページ
  7. ^ 小林信彦『おかしな男 渥美清』新潮文庫、2003年、pp.68,76-77。
  8. ^ 大下英治『首領 昭和闇の支配者』大和書房

外部リンク編集