メインメニューを開く

喜劇 駅前満貫』(きげき えきまえまんがん)は、1967年1月14日東宝系で公開された日本映画。カラー。シネマスコープ。東京映画。94分。

喜劇 駅前満貫
JRE-Yamanote-LIne-Ebisu-Station.jpg
舞台の一つである恵比寿駅(写真は2010年当時)
監督 佐伯幸三
脚本 藤本義一
原案 川村花菱
製作 佐藤一郎金原文雄
出演者 森繁久彌
フランキー堺
伴淳三郎
三木のり平
かしまし娘
都はるみ
音楽 松井八郎
撮影 黒田徳三
編集 諏訪三千雄
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1967年1月14日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前競馬
次作 喜劇 駅前学園
テンプレートを表示

目次

概要編集

『駅前』シリーズ第18作。本作では恵比寿駅山手線)近辺の「満貫荘」という麻雀屋や商店街を舞台にした内容となる。

劇中では森繁久彌が夫婦に関する事を話すとき、「私は昔、『夫婦善哉』でして…」と楽屋落ち的な台詞を言ったかと思えば、前のプログラム『社長千一夜』に引き続き、フランキー堺が当時のヒット曲「君といつまでも」(加山雄三)の台詞「僕ァ、幸せだなァ…」を言うという、お遊び的な場面が存在する。

ゲストはかしまし娘都はるみ

なお、『喜劇 駅前女将』以来本シリーズの監督を務めた佐伯幸三は、本作をもってシリーズから離れ、翌1968年には病に倒れてそのまま引退、そして1972年12月に死去、本作が遺作となった。

スタッフ編集

出演者編集

同時上映編集

クレージーだよ天下無敵

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集