嘉㔟 敏弘(かせ としひろ、1976年10月6日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手外野手投手)。

嘉㔟 敏弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 (1976-10-06) 1976年10月6日(44歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1994年 ドラフト1位
初出場 1996年4月2日
最終出場 2004年8月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

現在は阪神タイガース打撃投手

来歴編集

1994年北陽高校のエース兼4番打者としての甲子園大会に出場。同年のドラフト会議オリックス・ブルーウェーブ近鉄バファローズから競合1位指名を受け、抽選の結果、オリックスが交渉権を獲得。高校通算52本塁打の長打力と強肩を買われ、外野手として入団した。

1996年に初の一軍昇格。入団3年目の1997年、春季キャンプの紅白戦で仰木彬監督から登板を命じられ、イチロー大島公一トロイ・ニールらを打ちとる[1]。このことがきっかけとなり、外野手兼投手の二刀流に挑戦することになる。対外試合での初登板は3月3日の福岡ダイエーホークスとのオープン戦。9回2死で外野から走ってマウンドに上がり、井口忠仁を抑えた[2]。シーズン開幕後も外野手登録のまま2試合に登板。初登板の日本ハムファイターズ戦で現役晩年の落合博満に本塁打を打たれたが、落合は「野手から打っても全然うれしくないよ」とコメントした。1998年1999年は投手としての出場はなく、2000年に外野手登録のまま再び登板しプロ初勝利を挙げると、シーズン終了まで投手に専念した。2001年、投手に登録を変更し、左の中継ぎとしてリーグ最多の70試合に登板。2004年は1試合の登板にとどまり、同年オフに戦力外通告を受けて現役引退。

2005年から阪神タイガース打撃投手を務めている。

2012年度のドラフト会議において日本ハムに入団した大谷翔平二刀流挑戦を表明すると、「NPB最後の二刀流」として複数のインタビュー記事で取り上げられた。外野手登録で投手として登板したことがあるのは1997年2000年シーズン[3]だが、実際に二刀流としてプレーしたのは1997年のみである。その間は常に「どっちかに専念したい」と考えていたといい、周囲の目も気になったり、野手としての練習を終えた後に何日かに1回は投球練習をしなくてはならなかったりと「本当にしんどいイメージしか残っていません」と語っている[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1997 オリックス 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 3.0 4 1 3 0 0 3 0 0 3 3 9.00 2.33
2000 21 5 0 0 0 1 4 0 -- .200 237 54.2 55 10 23 0 0 47 4 0 33 31 5.10 1.43
2001 70 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 227 53.1 47 4 26 1 2 29 1 0 19 19 3.21 1.37
2002 33 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 74 18.0 16 3 6 1 0 6 1 0 8 7 3.50 1.22
2003 9 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 33 5.2 15 3 2 0 1 1 0 0 11 10 15.88 3.00
2004 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 16 3.0 7 0 2 0 0 0 0 0 4 4 12.00 3.00
通算:6年 136 5 0 0 0 3 7 0 -- .300 602 137.2 144 21 62 2 3 86 6 0 78 74 4.84 1.50
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1996 オリックス 17 25 22 4 5 1 0 0 6 0 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .227 .320 .273 .593
1997 14 19 13 2 1 0 0 0 1 2 0 0 0 1 4 0 1 6 0 .077 .316 .077 .393
1998 21 21 19 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 0 0 3 1 .053 .143 .053 .195
1999 80 81 68 20 10 1 0 0 11 6 2 0 4 0 8 1 1 24 0 .147 .247 .162 .409
2000 27 5 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .200 .000 .200
2001 70 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2002 33 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2003 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2004 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:9年 272 151 126 28 17 2 0 0 19 9 2 0 4 1 18 1 2 41 1 .135 .252 .151 .402

記録編集

打撃記録
投手記録

背番号編集

  • 9 (1995年 - 2000年)
  • 28 (2001年 - 2004年)
  • 106 (2005年 - )

脚注編集

  1. ^ 特別企画ドラフト1位で活躍する選手ダメな選手ここが分かれ目だった 現代ビジネス 2012年10月24日
  2. ^ a b ““最後の二刀流”元オリ嘉勢氏「しんどいイメージしか残っていてない」”. Sponichi Annex. (2012年12月26日). オリジナルの2013年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130102020647/https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/26/kiji/K20121226004853780.html 2013年1月2日閲覧。 
  3. ^ 同年10月16日(シーズン最終戦)に先発登板し敗戦投手になっているが、パリーグにおいて投手登録以外の選手の登板はこれが最後である(2020年シーズン終了時点)。

関連項目編集

外部リンク編集