メインメニューを開く

トロイ・リー・ニールTroy Lee Neel , 1965年9月14日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身の元プロ野球選手内野手)。1995年から2000年までオリックス・ブルーウェーブに所属し、主に指名打者としてプレーした。

トロイ・ニール
Troy Neel
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州
生年月日 (1965-09-14) 1965年9月14日(53歳)
身長
体重
191 cm
97 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1986年 MLBドラフト9巡目
初出場 MLB / 1992年5月30日
NPB / 1995年4月1日
KBO / 2001年
最終出場 MLB / 1994年8月11日
NPB / 2000年8月24日
KBO / 2001年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴編集

1986年MLBドラフト9巡目でクリーブランド・インディアンスに指名され契約。1991年にトレードでオークランド・アスレチックスに移籍し、1992年メジャー初昇格。この年、3Aタコマではパシフィック・コーストリーグ首位打者を獲得したほか、投手として3試合に登板している。1993年1994年にはメジャーに定着し、2年連続で二桁本塁打をマーク。何試合かは4番打者を任され、マーク・マグワイアクリーンナップを打ったり、1993年には4打席連続本塁打を放つなど、ある程度活躍していた。

1995年に「アスレチックスの4番打者」という触れ込みでオリックス・ブルーウェーブに入団。契約金、年俸それぞれ1億円という破格の待遇で4番打者として活躍。同年は1本差で本塁打王を逃すものの、指名打者でベストナインに選出。翌1996年には本塁打王と打点王を獲得し、オリックスの2連覇に貢献した。

長距離砲の少なかったオリックスにとっては貴重な存在だった。三振は多いがチャンスに強く、1996年の日本シリーズでも17打数3安打で打率.176の成績だったものの、放った3安打が全て2点タイムリーヒットで6打点をマークし、MVPに輝いた。野手のMVPで、3安打・4塁打・打率.176・長打率.235は、2018年に甲斐拓也が更新するまで、史上最小値であった。この時のMVPインタビューの最後を締めた言葉は「がんばろう、神戸!」だった。

1997年オフに一度解雇され翌1998年は3Aバンクーバーに入団していたがシーズン途中にオリックスに復帰し、7月5日の対近鉄13回戦ではチーム通算(阪急時代を含む)6000号を放ち、8月9日の対ダイエー21回戦では1イニング2本塁打を放ち(プロ野球史上16度目)、前日の同カードでも2打席連続本塁打を放つなど(2試合連続2打席連続本塁打は1980年8月6日7日山崎裕之以来18年ぶり)再び主砲として活躍した。また、5月15日の対ダイエー6回戦で4番・DHとしてスタメン出場が決まっていた試合で、試合直前からひどい腹痛に見舞われたが、メンバー交換後なのでルール上ではDHは必ず一度は打席に立たねばならず、ニールは仕方なく体調不良のまま出場。初回の攻撃で下痢を我慢しながら打席に立ち、先発・吉武真太郎の球を適当に振ったら大当たりして本塁打になった。全く喜ばずにニールは全速力で塁を回り、ハイタッチもせずにベンチ裏へ下がってトイレへ直行したため、一同に爆笑された。

2000年は不本意な成績に終わり、同年限りで退団。2001年韓国プロ野球(KBO)の斗山ベアーズでプレーしたが、17試合で打率.193、1本塁打、3打点と低迷。

2011年5月現在、クリケットバヌアツ代表チームの守備コーチを務めている。

トラブル編集

気性が激しくオリックス在籍時は審判の判定に激昂したり、乱闘騒ぎを起こすことが多かった。

  • 1995年の6月9日のダイエー戦で勝呂壽統のスクイズで3塁ランナーだったニールがホームインする際に捕手の吉永幸一郎にタックルし、吉永が激昂、ニールも応戦する乱闘騒ぎを起こした。
  • 1996年5月19日にはストライク、ボールの判定を巡って栄村球審に暴言を吐き退場処分。
  • 1996年6月19日の対近鉄戦では自身が空振り三振を喫した際に、近鉄捕手の的山哲也がボールをこぼし、拾ってニールにタッチしたところ的山に激怒し、暴行を働いて退場処分。
  • 1998年7月3日の対近鉄で真木将樹からの死球に激昂し、真木に威嚇行為をしたとして退場処分。

また野球以外でも以下のトラブルを起こしている。

人物編集

未成年の頃はバスケットボールに専念していたが、20歳から野球を始め頭角を現したという異例の選手でもある。上記のような事件を起こした部分はあるものの、野球に関しては非常に熱心に取り組んでいたため、オリックスの首脳陣やチームメートからの信頼を得ていた。ヘッドコーチだった中西太は「私がティーバッティングで毎日ボールを放って『逆らわずに打て』とやってたら、第二のブライアントとまではいかんけど、中心打者として甘い球はホームランにするくらいの形は出来た」と振り返っている。また、試合出場に関しても意欲的であり、「『今日は休め』と言っても『いや、俺、出る』って必ず言うんだよ。伊良部が放る試合なんかだと『あのフォークにやられたら感覚がおかしくなって、1週間は調子が悪くなるから休んどきゃええやないか。今日はゲリラ戦法の本西あたりが出ていって伊良部を投げにくくさせておいて、2対1で勝てればっていうゲームをやるんだ。お前まで出てってバッティング狂わせたら、ウチは明日からまた損するやないか』と説得したら納得してくれた」という。退団時には中西や仰木彬への深い感謝を述べている。

ブライアントと同じく、いわゆる「仰木マジック」によって才能が開花した外国人選手であり、D・Jと共にオリックスのリーグ2連覇に貢献した外国人選手として現在でもオリックスファンからの人気は高い。「仰木マジック」の好例として語られることも多い。

親日家でもあり、1999年、ホームグラウンドのグリーンスタジアム神戸で結婚式を挙げて話題になった。

日本プロ野球史上唯一の、「日本シリーズMVP受賞者ながらオールスターゲーム出場経験のない外国人選手」である[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1992 OAK 24 59 53 8 14 3 0 3 26 9 0 1 0 0 5 0 1 15 1 .264 .339 .491 .830
1993 123 482 427 59 124 21 0 19 202 63 3 5 0 2 49 5 4 101 7 .290 .367 .473 .840
1994 83 320 278 43 74 13 0 15 132 48 2 3 1 1 38 5 2 61 4 .266 .357 .475 .832
1995 オリックス 122 504 418 55 102 20 1 27 205 70 1 4 0 2 74 5 10 130 11 .244 .369 .490 .859
1996 124 514 430 77 118 24 0 32 238 111 1 2 0 2 74 3 8 143 5 .274 .389 .553 .943
1997 131 562 472 59 125 14 0 25 214 98 1 0 0 3 82 5 5 137 11 .265 .377 .453 .831
1998 108 452 389 52 112 26 1 28 224 76 0 1 0 2 51 3 10 108 7 .288 .383 .576 .959
1999 74 305 252 37 66 8 0 17 125 52 1 0 0 0 48 5 5 65 5 .262 .390 .496 .886
2000 55 185 156 21 35 6 0 7 62 28 0 0 0 1 25 0 3 47 5 .224 .341 .397 .738
2001 斗山 17 68 57 7 11 4 0 1 18 3 0 0 0 0 10 0 1 15 2 .193 .324 .316 .639
MLB:3年 230 861 758 110 212 37 0 37 360 120 5 9 1 3 92 10 7 177 12 .280 .362 .475 .837
NPB:6年 614 2522 2117 301 558 98 2 136 1068 435 4 7 0 10 354 21 41 630 44 .264 .378 .504 .882
KBO:1年 17 68 57 7 11 4 0 1 18 3 0 0 0 0 10 0 1 15 2 .193 .324 .316 .639
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

NPB

表彰編集

NPB

記録編集

NPB

背番号編集

  • 29 (1992年)
  • 16 (1993年 - 1997年)
  • 99 (1998年 - 2000年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Officials: Former Austinite, big leaguer, to plead in child support case”. statesman.com (2009年5月7日). 2011年4月3日閲覧。
  2. ^ 長嶋清幸も同受賞者ながら同出場経験なし

関連項目編集

外部リンク編集