メインメニューを開く
国立館山海上技術学校

国立館山海上技術学校(こくりつたてやまかいじょうぎじゅつがっこう、National Tateyama Maritime Poly-technical School)は、千葉県館山市にある独立行政法人海技教育機構の学校。中学校卒業者を対象に生徒を募集し、船舶を運航できる船員を養成する学校である。

2011年(平成23年)4月現在、海上技術学校(中卒後3年間)は小樽北海道)、唐津佐賀県)、口之津長崎県)、そして館山の4か所である。

所在地編集

学校名の変遷編集

  • 国立館山海員学校 -1963年(昭和38年)~2001年(平成13年)までの38年間
  • 国立館山海上技術学校 -2001年(平成13年)~現在に至る。

高等学校との違い編集

沿革編集

  • 1963年(昭和38年)1月 -運輸省所管国立館山海員学校が開校。本科航海科機関科(修業年限1年)を設置。
  • 1964年(昭和39年)2月 -本科を廃止。高等科(修業年限2年)を設置。
  • 1993年平成5年)4月 -乗船実習科(修業年限6ヶ月)を設置。
  • 2001年(平成13年)
    • 1月 -中央省庁改革により、国土交通省所管となる。
    • 4月 -全国8校の海員学校が統合[2]され、独立行政法人海員学校として発足。これに伴い国立館山海上技術学校に改称。
  • 2006年(平成18年)4月 -独立行政法人海員学校と独立行政法人海技大学校が統合され、独立行政法人海技教育機構が所管の学校となる。

設置学科編集

  • 本科(修業年数3年)
  • 乗船実習科(本科卒業後の6か月: 4月1日から9月30日まで)
    • 北海道から沖縄までの太平洋沿岸、日本海沿岸の各地に寄港しながら航海実習を行う。

学期編集

共学・別学編集

編集

  • 男子寮・女子寮が学校敷地内にあるが、通学生もいる。
  • 学期ごとに部屋替えをしている。

奨学金編集

取得できる資格編集

卒業(3年間)と同時編集

  • 高等学校卒業同等資格(上述の通り)
  • 四級海技士免状[3]受験資格の一部。(筆記試験が免除
    • 四級海技士試験の受験には実際に船で働いた経験(「乗船履歴」)を経て、「筆記試験」と「口述試験」の両方に合格しなければならない。(上述の通り、筆記試験は免除となる。)
    • 3年で卒業するか、その後続けて6か月間の乗船実習科を修了するかで、「乗船履歴」の期間が異なる。つまり試験を実際に受けられるまでの速さが異なる。
      • 3年で卒業---卒業後、就職した企業の船で1年9か月乗船。
      • 卒業後すぐ乗船実習科を修了---6か月。(修了と同時)

在学中編集

  • 以下の資格の取得が可能。

進路編集

カリキュラム編集

  • 本科では以下の科目、実習を合わせて学ぶ。
    • 一般科目 -高等学校で学ぶ普通教科。
      • 国語、社会、数学、理科、英語、体育、情報
    • 専門科目(商船)-海上技術者として必要な専門科目。
      • 航海科目 -航海学、運用学[4]、海事法規、海洋気象
      • 機関科目 -船用機関、電気電子工学、計測制御、情報技術
      • その他 -船用機関、海運実務、海事英語
      • 海上実習 -航機実技、校内練習船実習、端艇実習、小型船舶実習、総合訓練
    • 練習船乗船実習(3か月)3年生の3学期に行う。
      • 東京港か横浜港で乗船し、九州や沖縄などの各地に寄港しながら実習を行う。
      • 使用する練習船(航海訓練所所有)[5]
        • 帆船 -「日本丸」(2,570t)、「海王丸」(2,556t)
        • ディーゼル船 -「銀河丸」(6,100t)、「青雲丸」(5,884t)
        • タービン船 -「大成丸」(5,876t)
    • 特別教育活動

学校設備編集

  • 校内練習船 「望洋丸」(ぼうようまる)
    • 総屯数 -44t
    • 全長 -22.86m
    • 型幅 -5.50m
    • 型深 -2.05m
    • 航海速力 -10.0ノット
    • 主機関 –ディーゼル600ps*1,350rpm
    • 週に1度は海上実習を行い、操船や機関当直等の技術を学ぶ。
  • 建物
    • 本館
    • 教室棟
    • 実習技業棟

制服編集

  • 色は「濃紺」
  • 男子 -学生服(学ラン)
  • 女子 -ブレザー・ネクタイ
  • 制帽がある。
  • なお制服は滅多に着ない。代わりに校内着を着る。

学校行事編集

1学期編集

  • 4月 -始業式、入学式、新入生歓迎会(BBQとレクリーション)、防火操練
  • 5月 -中間考査、実力考査
  • 6月 -期末考査、四級海技士口述試験対策合宿(乗船実習科対象)、救命講習
  • 7月 -伝馬回航[6]、水泳訓練(5日間、最終日に水泳大会)、実力考査、沖の島探検隊館山湾クルージング[7]救命講習、バーベキュー大会、終業式
  • 8月 -夏休み、第1回体験入学、マリンセミナー[8]

2学期編集

  • 9月 -始業式、1年サバイバル訓練、防災訓練、第2回体験入学、四級海技士口述試験対策合宿(乗船実習科対象)
  • 10月 -バス遠足、中間考査、四級海技士口述試験対策合宿(乗船実習科対象)、第3回体験入学
  • 11月 -四級海技士口述試験、海校祭
  • 12月 -期末考査、3年生修了式、終業式

3学期編集

  • 1月 - 3年生練習船乗船(3か月)、始業式、耐寒訓練、マラソン大会、実力考査、推薦入試[9]、生徒会執行部役員選挙
  • 2月 -砂山遠足、地震火災訓練、一般入試[10]
  • 3月 -学年末試験、3年生練習船下船、本科卒業式、修了式

部活動編集

アクセス編集

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高等学校等コード-大学入試センターHP
  2. ^ 小樽・宮古・館山・唐津・口之津・沖縄を国立海上技術学校(中卒3年制)、波方・清水の2校を国立海上技術短期大学校(高卒2年制)に改称する。2005年(平成17年)沖縄は閉校、2008年(平成20年)宮古は短期大学校に転換。
  3. ^ 航海士・機関士になるために必要
  4. ^ 操船・荷役・船体構造等を学ぶ。
  5. ^ 卒業後の乗船実習科(6か月)でも使用される。
  6. ^ 伝馬船(てんません)の準備。
  7. ^ 小3~6が対象の航海体験。
  8. ^ 保護者が航海を体験できる
  9. ^ 館山のみで行われる。
  10. ^ 館山以外にも受験会場が複数ある。

関連項目編集

リンク編集