メインメニューを開く

国際文通週間(こくさいぶんつうしゅうかん、英語: International Letter Writing Week)とは、文通によって相互理解を深めることで、もって世界平和に貢献しようという目的の国際的週間である。万国郵便連合(UPU)結成日である10月9日を含む1週間に設定されている。

目次

歴史編集

 
ソ連発行の国際文通週間切手(1957年)

1957年カナダオタワで開催された、第14回万国郵便連大会議で“世界の人々が文通によって文化の交流に努め、世界平和に貢献しよう”という趣旨のキャンペーン設置が決議された。

世界的に見れば「国際文通週間」をテーマに、毎年切手を発行している国に日本タイ王国がある。日本は1958年から毎年記念切手特殊切手とされる場合もある)が発行されている。日本の国際文通週間切手は、当初は手紙をテーマとした切手を単発で発行される予定であったが、歌川広重浮世絵東海道五十三次『京師』」が採用されたことから好評を博し、以来毎年発行されている恒例シリーズ切手となった。

日本の国際文通週間切手編集

前述のように「世界の人々と文通する」キャンペーンであるため、発行される切手の額面は、国際郵便料金(はがき・定形封書)の航空扱いに対応している。また切手には International Letter Writing Week の英文が入っているほか、発行した年号が西暦で入れられている。(このシリーズ以外の切手は、元号法制定の979年以降、基本的に西暦・元号併記であったが、令和改元を機に、このシリーズ同様に西暦表記のみになっている。)なお、国際文通週間のテーマは、下記のように変遷している。

ただし2006年のみ、国際連合加盟50周年記念として、佐和貫利郎によるオリジナルデザイン切手が採用された[1]
2014年以降は東海道五十三次以外の歌川広重の作品も採用。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集