メインメニューを開く

坂田 精二郎(さかた せいじろう、1974年7月30日‐)は、1990年代から2000年代にかけての元社会人野球選手である(捕手、右投げ左打ち)。現在は立正大学硬式野球部の監督を務めている。

坂田 精二郎
立正大学硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府吹田市
生年月日 (1974-07-30) 1974年7月30日(45歳)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 立正大学

人物・来歴編集

大阪府吹田市出身。豊中シニアを経て島根県の淞南学園高等学校に進む。三年間甲子園に出ることはなかったが、3年次は主将を務めた。卒業後は立正大学に進学し、野球部では3年春から卒業まで東都大学野球1部リーグで活躍。1部リーグ通算32試合に出場、82打数23安打、打率.280、3本塁打、14打点の記録を残し、社会人の強豪シダックスに入社。以来野球部の正捕手として10年間プレー、都市対抗野球大会には8回(自チーム6回、補強選手2回)出場し、若獅子賞を受賞した。1999年第26回社会人野球日本選手権大会でシダックスの初制覇にも貢献している。
2006年限りでシダックスが廃部になったのに伴い、当初はシダックスに残ることを決めていたが、セガサミーからオファーがあって移籍することになった。

2007年シーズンはセガサミーの正捕手となり、シダックス時代に監督を務めていた野村克也(前東北楽天ゴールデンイーグルス監督)から伝授されたリード面のノウハウと過去のプレー経験を活かしてセガサミーの若いピッチャー陣を引っ張り、第78回都市対抗野球大会でのチーム初出場に貢献した。

その後もチームの正捕手として活躍していたが、2010年限りで現役を引退してセガサミーを退社し、翌2011年1月1日より母校・立正大学野球部のコーチに就任した。2013年3月末で伊藤由紀夫監督が退任することとなり、同年4月より監督に就任。

2014年春季リーグで東都二部優勝を果たし、一部最下位の青山学院大学との入れ替え戦に挑んだが連敗し、二部残留となった[1]2017年春季リーグでは監督就任後2度目となる東都二部優勝を10戦全勝の完全優勝で飾る。一部最下位の専修大学との入替え戦に臨み、最終・第3回戦では立正大のサヨナラ安打で勝負が決まるという大接戦を制し、2勝1敗で2010年春季以来となる15季振りの一部昇格を果たした[2]

2018年秋季リーグでは開幕週の東洋大学戦に連敗し勝ち点を奪えなかったものの、リーグ全体が稀に見る混戦状態となり最終盤で駒澤大学と同率で首位に並んだ。優勝決定はプレーオフに持ち越されたが、同プレーオフでは立正大学が8-1と駒澤大学を圧倒し、18季ぶり2度目となる一部優勝を果たした[3]。さらに、この優勝で出場権を得た明治神宮野球大会でも勝ち上がってチームを9年ぶり2度目の優勝に導いた[4]

日本代表キャリア編集

主な表彰・タイトル編集

脚注編集

関連記事編集