メインメニューを開く

埼玉県立進修館高等学校(さいたまけんりつ しんしゅうかんこうとうがっこう)は、埼玉県行田市長野にある公立高等学校。学校名は1824年(文政7年)に当時の忍藩松平忠堯が藩士の教育を目的に設けた藩校進修館」に由来している。

埼玉県立進修館高等学校
Shinshukan High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 埼玉県の旗 埼玉県
併合学校 埼玉県立行田女子高等学校
埼玉県立行田工業高等学校
埼玉県立行田進修館高等学校
設立年月日 2005年平成17年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
工業科(電気システム科・情報メディア科・ものづくり科)
総合学科
高校コード 11150D
所在地 361-0023
埼玉県行田市長野1320
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

行田市内に存在した県立校である行田進修館高等学校行田工業高等学校行田女子高等学校を統合して設置された。 設立に際し、歴史経緯上、元々一つの高校であるために市道を挟んで隣り合っていた行田進修館・行田工業の設備を活用することとし、両校間に連絡通路を設置し、統合後に行き来できるようした。2校と距離が離れている行田女子の設備は用いないこととした(後に埼玉県立総合教育センターの移転先として再活用)。 これに伴い、統合に先駆けて行田女子のみ生徒募集を停止した。行田進修館・行田工業は統合前年まで募集を継続しており、統合時の在校生は進修館に編入し、卒業まで旧校と同じ条件で在学できるよう配慮された。

設置学科編集

すべての学科で通常1日6限授業の全日制

  • 普通科(単位制)[1]
  • 工業科(単位制)
  • 総合学科

沿革編集

前身となる3校の沿革に関しては、それぞれの記事の当該節を参照の事

クラブ活動編集

進路編集

  • 普通科は大学進学者が中心だが、工業科・総合学科は就職や専門学校進学者が多い。
  • 平成20年度卒業生の進路状況(全学科合計)は、大学29%、短大7%、専門学校32%、就職25%、浪人等その他7%。

交通編集

著名な出身者編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集