メインメニューを開く

堀井 和人(ほりい かずひと、1948年3月15日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手。父親は南海ホークスで活躍した堀井数男

堀井 和人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府河内長野市
生年月日 (1948-03-15) 1948年3月15日(71歳)
身長
体重
184 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1969年 ドラフト7位
初出場 1970年10月18日
最終出場 1980年5月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

明星高校では2年生からレギュラーとなり、中堅手、六番打者として1964年夏の甲子園に出場するが、1回戦で大府高に敗れる。3年生の1965年夏は府予選準決勝で興國高に敗退し、甲子園には届かなかった。高校同期に捕手阿野鉱二がいる。

法政大学に進学。東京六大学リーグでは在学中に3度の優勝を経験する。3年生からレギュラーとなり、主に左翼手として起用される。1年上の田淵幸一山本浩司らに続く下位を打ち活躍。優勝した1968年春季リーグでは打率.410の好成績をあげている。最上級生となった1969年秋季リーグでも、同期のエース山中正竹を擁し優勝に貢献する。大学同期に山中の他、江本孟紀黒田正宏、山田克己(大昭和製紙)らがいた。

ドラフト7位で1970年に南海ホークスに入団。一軍では俊足を活かした代走や守備固め等、控え選手としてのプレーが多かった。1973年読売ジャイアンツとの日本シリーズでは3試合に代走として出場、日本プロ野球で初めて親子で日本シリーズ出場の記録を達成した。1976年には6試合、1977年には4試合に中堅手、左翼手として実質先発出場を果たす。相手チームの先発が左腕で、偵察要員の後に入るケースが多かった。1980年限りで引退

その後は南海・ダイエー、近鉄でスカウトを務める。2004年に球団合併して誕生したオリックス・バファローズではスカウト部長を務めていたが、2009年末に退団した。 現在は中学硬式野球の東成シニアで監督を務めている[1]。 また、心斎橋でスナック「堀井」の店長を務めている[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1970 南海 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1972 25 2 2 6 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1973 54 6 5 12 0 0 0 0 0 0 5 4 0 0 1 0 0 1 0 .000 .167 .000 .167
1974 59 23 16 15 5 1 0 1 9 2 11 1 2 1 3 0 1 3 0 .313 .429 .563 .991
1975 39 17 15 13 4 0 0 1 7 2 5 2 0 0 2 0 0 2 1 .267 .353 .467 .820
1976 40 35 26 12 4 0 0 1 7 2 3 1 0 1 3 0 5 4 1 .154 .343 .269 .612
1977 49 29 24 19 6 0 0 0 6 4 3 1 2 0 3 0 0 5 0 .250 .333 .250 .583
1978 51 9 9 13 1 0 0 0 1 0 8 3 0 0 0 0 0 1 0 .111 .111 .111 .222
1979 57 15 11 15 3 0 0 0 3 1 10 3 1 0 2 0 1 2 0 .273 .429 .273 .701
1980 10 3 3 6 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
通算:10年 386 139 111 111 23 1 0 3 33 11 48 16 5 2 14 0 7 18 3 .207 .328 .297 .626

記録編集

背番号編集

  • 23 (1970年 - 1978年)
  • 50 (1979年 - 1980年)

スカウト時代の主な担当選手編集

[3]

脚注・出典編集

関連項目編集