メインメニューを開く

堀江博久(ほりえ ひろひさ、Hirohisa Horie1970年3月24日 - )は、日本キーボーディストギタリストアレンジャー音楽プロデューサー[1][2][3]神奈川県横浜市出身[4]

堀江 博久
別名 Hirohisa Horie
生誕 (1970-03-24) 1970年3月24日(49歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
学歴 多摩美術大学
職業 ミュージシャン
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 キーボード
ピアノ
ギター
ベース
活動期間 1992年 -
事務所 フリーランス
共同作業者 松田岳二

目次

人物編集

日本の音楽シーンを代表するキーボーディスト[3][4]。また演奏者としてだけでなく、プロデューサーやアレンジャーとしても様々なアーティストを手掛けている[1][2][5]

多摩美術大学在学中から鍵盤弾きとして、The I-spy、ACROBAT BUNCH、Studio Apes、Freedom Suiteといったモッズ・シーンの伝説的なバンドで活動[2][5]。また大学ではギタリスト塚本功と同級で、軽音楽部でバンドを組んでいた。大学を卒業するとコーネリアスを始め、EL-MALOGREAT3PLAGUESカジヒデキカヒミ・カリィ横山健高橋幸宏CaravanCurly Giraffeなどのライブやレコーディングに参加するようになる[1][2]

キーボーディストとして、コーネリアス、LOVE PSYCHEDELICOCocco木村カエラくるりサディスティック・ミカ・バンドMASTER LOWMANNISH BOYSなどのアーティストをサポートする一方、SINGER SONGER、Billy No Mates、pupathe HIATUSなどのバンドのメンバーとしても活動[4][6]。中でもコーネリアスこと小山田圭吾とは90年代からの付き合いで、小山田が主宰していたレーベルTRATTORIAからのリリースやバンドTHE CORNELIUS GROUPのメンバーとして長年、小山田のライブ活動を支えている[7][8]

音楽的ルーツはクラシック・ロックブラック・ミュージック[9]

2013年に初となるソロ作品をリリースした[10]

来歴編集

※オフィシャルサイトのプロフィール等を参照[1][2][5]

1995年に松田岳二とのユニットNEIL&IRAIZAを結成し、キーボードとヴォーカルを担当。

2005年、SNUFFのダンカン・レイモンドのソロプロジェクトであるBILLY NO MATESをHi-STANDARDの横山健らと手伝う。Coccoくるり岸田繁SINGER SONGERを結成。

2006年、サディスティック・ミカ・バンドのアルバム「NARKISSOS」に参加。NHKホールにて一度きりのライヴを行う。

2007年、CORNELIUS GROUPのメンバーとして「SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW」の世界ツアーに参加。夏、高橋幸宏の呼びかけにより結成されたpupaに参加。

2009年、細美武士が立ち上げたプロジェクトthe HIATUSのメンバーとしてキーボード(ピアノ)を担当し、全楽曲を細美と共同でプロデュース。

2012年のツアーを最後に、the HIATUSから離れる。理由のひとつとして、自身のソロアルバムの製作を挙げる[11]

2013年10月、キャリア初となるソロ・アルバム『AT GRAND GALLERY』をリリース。以後、ソロ、グループ問わず幅広く活動を展開。

作品編集

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 レーベル
1st 2013年10月30日 AT GRAND GALLERY XQKF-1055 Grand Gallery

楽曲提供編集

編曲・プロデュース編集

参加したアーティスト編集

所属グループ編集

The I-spy(アイ・スパイ)
黒田マナブがG&Voを担当するバンド[9]
STUDIO APES(スタジオエイプス)
The I-spyのメンバーだった、堀江、和田卓造(Dr.)、キタダマキ(B.)、及川浩志(Per.)らによって結成されたバンド[9]
ACROBAT BUNCH(アクロバットバンチ)
會田茂一(Vo. Gt)やLOW IQ 01(Vo. Bs)とともに活動[9]
FREEDOM SUITE
山下洋率いるバンド。NEIL&IRAIZAの2人も在籍した。
NEIL&IRAIZA
松田岳二との音楽ユニット。堀江自身が曲を書き、歌う。
DOTS+BORDERS(ドッツ+ボーダーズ)
1998年にカジヒデキと結成したユニット[12]
SINGER SONGER
Coccoくるり岸田繁と結成したバンド。
Theかまどうま/エレクトリック・カマドウマ
くるりの岸田繁との二人組ユニット[13]
pupa
原田知世をボーカルに迎え、高橋幸宏を中心に高野寛高田漣権藤知彦らによって結成されたバンド[14]
the HIATUS
活動を休止したELLEGARDEN細美武士が立ち上げたプロジェクト。
UMU(Unidentified Mysterious Unit)
猪野秀史とのツイン・キーボードユニット[15]

TV出演編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 加地秀基と堀江博久によるユニット。
  2. ^ 元ラブ・タンバリンズのエリとdbこと斉藤圭市の2人よるユニット。
  3. ^ 小山田圭吾(ギター)、堀江博久(キーボード)、清水ひろたか(ベース)、あらきゆうこ(ドラム)の4人編成バンド。

出典編集

  1. ^ a b c d DOMESTIC 堀江博久”. Rallye Label Official Website. 2017年11月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e 堀江博久の記事まとめ”. rockinon.com (2014年10月16日). 2017年11月19日閲覧。
  3. ^ a b NEIL AND IRAIZA 『 NEW SCHOOL』の時のインタヴュー(2002)”. Mikiki. NEIL AND IRAIZA公式tumblr (2018年1月26日). 2019年4月13日閲覧。
  4. ^ a b c プロフィール”. CDJournal WEB. 株式会社 シーディージャーナル. 2019年4月13日閲覧。
  5. ^ a b c 長く愛される作品のレシピとは? Curly Giraffe×堀江博久対談”. OTOTOY (2014年6月25日). 2017年11月27日閲覧。
  6. ^ 第7回 ─ LOVE PSYCHEDELICOの最新ライヴ・レポートをいち早くお届け!(2)”. 『bounce』 230号(2002/3/25). TOWER RECORDS ONLINE (2002年3月25日). 2019年4月13日閲覧。
  7. ^ 新生コーネリアスの公開ゲネプロを見たーー大野由美子の加入でパフォーマンスはどう変化?”. Real Sound (2016年8月1日). 2019年4月13日閲覧。
  8. ^ CORNELIUSが約11年ぶり地上波出演、「バズリズム」で新曲披露 バカリズムとの対談も”. CDJournal WEB. 株式会社 シーディージャーナル (2017年6月19日). 2019年4月13日閲覧。
  9. ^ a b c d INTERVIEW なぜNEIL AND IRAIZAの音楽には魔法がかかるのか? 堀江博久×CHABE―15年ぶりに復活したポップ・デュオが秘密を明かす”. Mikiki. TOWER RECORDS ONLINE (2018年2月8日). 2019年4月13日閲覧。
  10. ^ CORNELIUSをはじめ多彩なアーティストとのセッションで知られる鍵盤奏者・堀江博久がソロ・アルバムを発表!”. CDJournal WEB. 株式会社 シーディージャーナル (2013年9月20日). 2019年4月13日閲覧。
  11. ^ the HIATUSから全国ホールツアーをもって堀江博久が離脱、ソロアルバムに専念”. CINRA.NET (2012年7月5日). 2017年11月27日閲覧。
  12. ^ INTERVIEW なぜカジヒデキはボーダーを着続けられるのか? 堀江博久と語る、51歳の瑞々しさと新EP『秋のオリーブ』”. Mikiki. TOWER RECORDS ONLINE (2018年9月5日). 2019年4月13日閲覧。
  13. ^ 第72回 ─ COUNTDOWN JAPAN 05/06@幕張メッセ 12月29日(木)〜31日(土)”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2006年1月19日). 2019年4月13日閲覧。
  14. ^ 高橋幸宏が率いる豪華メンバーのバンド“pupa”、デビュー・アルバムは7月に登場”. CDJournal WEB. 株式会社 シーディージャーナル (2008年5月19日). 2019年4月13日閲覧。
  15. ^ 堀江博久presents ”Lounge Bohemia”UMU(hirohisaHORIE x INOhidefumi)/椎野恭一/高桑圭/Curly Giraffe & sugar me/原田知世 & 伊藤ゴロー”. RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO (2012年5月2日). 2019年4月13日閲覧。
  16. ^ TOKYO SESSION -Rockin' Gambler-”. フジテレビ ONE TWO NEXT. フジテレビ. 2019年4月13日閲覧。

外部リンク編集