メインメニューを開く

the HIATUS(ザ ハイエイタス)[注 1]は、日本のオルタナティヴ・ロックバンド。所属芸能事務所はIRON GEAR RECORDS。所属レーベルはユニバーサル ミュージック ジャパンの社内レーベルであるEMI Records

the HIATUS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
アート・ロック
プログレッシヴ・ロック
ポスト・ロック
エモ
活動期間 2009年 -
レーベル フォーライフミュージックエンタテイメント
2009年 - 2011年
NAYUTAWAVE RECORDS/ユニバーサル ミュージック ジャパン
2012年 - )
EMI Records/ユニバーサル ミュージック ジャパン
2014年 - )
事務所 IRON GEAR RECORDS
公式サイト the HIATUS OFFICIAL WEBSITE
メンバー 細美武士ボーカルギター
masasucks(ギター)
ウエノコウジベース
柏倉隆史(ドラムス
一瀬正和(ドラムス)
伊澤一葉キーボード)
旧メンバー 堀江博久(キーボード)

目次

概要編集

ELLEGARDENのフロントマン・細美武士が同バンドの活動休止中に立ち上げた日本のロックバンド[1][2]。メンバーは細美(v, g)のほか、masasucks(g)、ウエノコウジ(b)、柏倉隆史(ds)、伊澤一葉(key)、一瀬正和(ds)の6名[1][2]

当初は細美武士のソロ・プロジェクトとして始動し、フォーライフミュージックエンタテイメントと契約すること以外はほぼ何も決まっておらず、ライブ活動もないところからスタートした[3][4][5]。2009年4月5日に幕張メッセで開催された「PUNKSPRING 09」にて、当時制作中だったアルバムと同じメンバーによるバンドスタイルのライブが初披露された[6][7][8]。1stアルバム『Trash We'd Love』はレコーディング・アーティストと表記されていた細美(Vo)、masasucks(G)、ウエノ(B)、柏倉(Dr)、堀江博久(Key)の5人によって製作されたが、1stEP「Insomnia」からはツアー・アーティストと表記されていた伊澤(key)、一瀬(ds)を加えた7人で曲作りを始め、アーティスト写真も7人で写ったものに変更された[9][10][11]

デビュー当時の公式サイトでは「the HIATUSは音楽やアート、表現者たちのプロジェクト」と定義されており、レコーディング・アーティストとツアー・アーティストとしてそれぞれのバンドメンバーが掲載された他、イラストレーターの牧かほりやデザイナーのBALCOLONY.、映像ディレクターの松本空と番場秀一も名を連ねていた[12]

ライブが始まる前の直前SEはJoey Beltramの「The Start It up」が用いられる。

楽曲制作編集

the HIATUSは細美がメンバーと一緒に曲作りをしたくてやっているバンドで、一人では作れないものが作れるので面白いと語っており、自分で最初のきっかけを生んだ曲がまったく違う形に着地するのも楽しんでいる[13][14]。彼の歌も5つある楽器のパートの1つであってメインディッシュではなく、各メンバーの演奏がぶつかり合うところを聴かせたいと考えている[14]

歌詞については、音を楽しむ作品を作ることに重きを置いているのであまりメッセージ性はない[14]。ステージ上で演奏したり発声したりした時に子音と母音の組み合わせが面白いことなど音楽的部分が大切で、音楽的に一番良い歌詞であれば文章としての体裁や内容はそれほど重要ではない[14]

作品ごとに楽曲の系統が異なるのが特徴[15]。細美が色濃く影響を受けてきた1990年代のオルタナティヴ・ロックグランジを軸にしながらも、ポストロックマスロックアートロックエレクトロニカテクノほかダンスミュージック的要素を取り入れるなど、作品ごとに新しい音世界を打ち出している[2][16][17]

そもそもthe HIATUSは作品を生み出すという目的で集まったメンバーなので、最初はこのバンドで自分のすべてを表現しないといけないという思い込みもあって5人のメンバーが一番活きる形を探るということが3rdアルバムまで続いた[18]。4thアルバムの頃からバンドの絆が強くなってメンバー全員が対等な関係になったこともあり、分業が明確化されて共同作業へのストレスも無くなって行った。

1stアルバムでは楽曲のほとんどを細美が手掛けたが、2ndアルバム制作の後半から細美が1人では曲を書けなくなったため、それ以降はバンドメンバーと一緒にスタジオで曲を作るようになった[19]。しかし予算の都合でスタジオに集まれなかった4thアルバムで柏倉と二人で作曲を担当したところ、再び1人で曲を書けるようになった[19]。5thアルバムからはそこに伊澤も参加して3人で作曲するようになった[13][20]。以降、バンドの楽曲制作は細美、柏倉、伊澤の3人でアイデアを出して曲の核となる部分を作り、それを5人でアレンジするという形をとっている[13][20]

メンバー編集

詳細はthe HIATUS公式サイトを参照[21]

ボーカルギタープロデュース担当。
ELLEGARDENMONOEYESのギターボーカル。
  • masasucks
ギター担当。
FULLSCRATCHRADIOTSのギタリスト。J木村カエラkylee等のサポートを行う。
ベース担当。
元・thee michelle gun elephantのメンバー。Radio Caroline(活動休止中)、武藤昭平withウエノコウジ(武藤昭平の病気療養の際は代役として「百々和宏withウエノコウジ」名義で活動)、DAD MOM GODKA.F.KA等のグループに参加。
  • 柏倉隆史(かしくら たかし)
ドラムス担当。
toeのドラマー。元・SUEMITSU & THE SUEMITHのメンバー。木村カエラ黒木渚ほか、様々なアーティストのサポートも行う。
  • 一瀬正和(いちせまさかず)
ドラムス担当。
ツアーメンバーとしてデビュー当初の2009年より参加。その後、レコーディングにも参加するようになる。
現在は主に細美が別に結成したMONOEYESの方に参加している。
元・popcatcherのメンバー。ASPARAGUSのドラムボーカル。LOW IQ 01BACK DROP BOMBなどのサポートも行う。
キーボード担当。
ツアーメンバーとしてデビュー当初の2009年より参加。その後、レコーディングや曲作りにも参加するようになる[1]
元・東京事変のメンバー。あっぱのピアノボーカル。由紀さおり大橋トリオaiko米津玄師など、様々なアーティストのサポートも行う。

元メンバー編集

キーボード・プロデュース担当。
ソロ活動に専念するために2012年をもって脱退。
NEIL&IRAIZApupaSINGER SONGERなどのグループのメンバー。CoccoYUKILOVE PSYCHEDELICOCaravanなど、様々なアーティストのサポートやプロデュースも行う。

略歴編集

  • 2012年
    • この年の夏フェスはツアーメンバーの伊澤一葉が鍵盤・シンセサイザー担当として出演する。
    • 9月、フォーライフミュージックからユニバーサル ミュージック系レーベルのNAYUTAWAVE RECORDSに移籍[23]
    • 11月から総勢17人のオーケストラ編成で回る全国ホールツアー「The Afterglow Tour 2012」を開催[2]。このツアーをもって堀江博久(key)がthe HIATUSを脱退[注 2][24]。理由の一つとして、自身のソロアルバムの制作を挙げている[25]
  • 2013年
    • 7月31日 - 3rd EP「Horse Riding」発売。
  • 2014年
    • 3月26日 - 4thアルバム「Keeper Of The Flame」発売。
    • 5月8日〜7月23日まで全国36カ所41公演の、初の大規模な全国ツアー「Keeper Of The Flame Tour 2014」を開催。その最終日に、12月22日に初の日本武道館公演を開催することを発表した[26]
    • 12月22日、初の日本武道館公演「Closing Night - Keeper Of The Flame Tour 2014 -」を開催[1]
  • 2016年
    • 7月6日 - 5thアルバム「Hands Of Gravity」発売。
    • 7月15日〜9月30日まで「Hands Of Gravity Tour 2016」を開催。(全20公演)
  • 2017年
    • 11月12日〜11月30日まで「Bend the Lens Tour 2017」を開催。(全7ヶ所9公演)
  • 2018年
    • 10月14日〜11月28日まで「the HIATUS Monochrome Film Tour 2018」を開催予定。(全6ヶ所11公演)

ディスコグラフィー編集

EP編集

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2009年11月18日 Insomnia FLCF-4309 このEPには徳澤青弦がストリングスアレンジとしてレコーディングに参加している(ツアーメンバーとしての参加の予定はなかったがホールツアーにて共演が決定)。
オリコン最高5位、登場回数12回
2nd 2011年6月1日 Hatching Mayflies FLCF-4375 オリコン最高8位、登場回数9回
3rd 2013年7月31日 Horse Riding EP UPCH-80333 オリコン最高10位、登場回数7回

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2009年5月27日 Trash We'd Love FLCF-4281 オリコン最高1位、登場回数37回
2nd 2010年6月30日 ANOMALY FLCF-4340 オリコン最高5位、登場回数14回
3rd 2011年11月23日 A World Of Pandemonium FLCF-4406 オリコン最高6位、登場回数16回
ライブ 2013年5月22日 The Afterglow Tour 2012 FLCF-4454 オリコン最高10位、登場回数6回
4th 2014年3月26日 Keeper Of The Flame UPCH-20338 trailer オリコン最高8位、登場回数15回
5th 2016年7月6日 Hands Of Gravity UPCH-20422 オリコン最高5位、登場回数12回

DVD/BD編集

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2009年12月23日 2009.07.21 Trash We'd Love Tour Final at Studio Coast FLBF-8103 the HIATUS初のライヴDVD。2009年7月21日にSTUDIO COASTで行われた"Trash We'd Love Tour 2009"のファイナル公演を収録。1st EPに収録の「Antibiotic」のPVも収録されている。
オリコン最高5位、登場回数10回
2nd 2012年9月12日 The Afterglow-A World Of Pandemonium- UPXH-20013 オリコン最高2位、登場回数7回
3rd 2013年5月22日 The Afterglow Tour 2012 UPBH-20107 2012年12月6日に東京NHKホールで行われた"The Afterglow Tour 2012"のファイナル公演を収録。trailer
オリコン最高2位、登場回数8回
4th 2015年06月24日 Keeper Of The Flame Tour 2014 Closing Night NIPPON BUDOKAN 2014.12.22 UPBH-20138:DVD
UPXH-20037:BD
オリコン最高5位、登場回数4回(DVD)
オリコン最高18位、登場回数4回(BD)
5th 2017年4月5日 Jive Turkey vol.1 Live at Blue Note Tokyo 2016 and Tour Documentary UPBH-20185:DVD
UPXH-20052:BD

バンドスコア編集

  1. Trash We'd Love(2010年03月31日)
  2. ANOMALY(2010年09月17日)
  3. A World Of Pandemonium(2012年09月20日)
  4. Keeper Of The Flame(2015年01月28日)
  5. Hands Of Gravity(2017年02月23日)

参加作品編集

発売日 タイトル 収録曲 備考
2009年7月1日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2009 オリコン最高11位、登場回数5回
2011年6月29日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2011 オリコン最高17位、登場回数4回
2012年6月27日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2012 オリコン最高26位、登場回数5回
2013年3月6日 奥田民生・カバーズ2 オリコン最高39位
2013年3月22日 IMMORTALITY TRAFFIC
2014年6月25日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2014 オリコン最高29位

ライブ編集

ツアー編集

  • 主催ツアーについて記載
日程 タイトル 公演規模・会場(対バン) 備考
2009年
6月1日7月22日 Trash We'd Love Tour 2009 7月8、9日の2公演は一瀬正和が担当。
7月8、9、14、16、21日の5公演は堀江博久が担当。
9月2日10月8日 Ghost In The Rain Tour 2009 全箇所ワンマンライブ。
ツアーメンバーは細美武士、masasucks、ウエノコウジ、一瀬正和、堀江博久。
11月18日12月12日 BRAIN ECLIPSE TOUR ストレイテナーとの対バンツアー。
2010年
5月26日5月31日 Third Eye Blind × the HIATUS JAPAN TOUR 2010 Third Eye Blindとの対バンツアー。
7月2日10月5日 ANOMALY TOUR 2010 一部公演はゲストバンドを招いて開催されたツアー。
2011年
11月24日〜2012年4月8日 A World Of Pandemonium Tour 2011-2012 全箇所ワンマンライブ。
2012年
2011年11月24日4月8日 A World Of Pandemonium Tour 2011-2012 全箇所ワンマンライブ。
10月15日10月18日 DOUBLE HEADLINE TOUR 2012 FEEDER×the HIATUS FEEDERとの対バンツアー
11月12日12月6日 The Afterglow Tour 2012 16人編成でのホールツアー。

最終日のNHKホールのみ17人編成。

2013年
8月7日9月4日 Horse Riding Tour 2013 全箇所ワンマンライブ。
2014年
5月8日7月23日 Keeper Of The Flame Tour 2014 一部公演はゲストバンドを招いて行われた。
9月21日 Keeper Of The Flame Live in Taiwan ワンマンライブ
12月22日 Closing Night - Keeper Of The Flame Tour 2014 - ワンマンライブ
2016年
7月15日9月30日 Hands Of Gravity Tour 2016 ワンマンライブ
2017年
11月12日11月30日 Bend the Lens Tour 2017 ワンマンライブ
2018年
10月14日11月28日(予定) the HIATUS Monochrome Film Tour 2018 ワンマンライブ

出演イベント編集

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
岩口哲也 「Bittersweet / Hatching Mayflies (The Afterglow ver.)」「Insomnia from「The Afterglow Tour 2012」」
SHIMURABROS. Walking Like A Man
番場秀一 The Flare」「The Ivy
フカツマサカズ Bittersweet / Hatching Mayflies」「Deerhounds」「Superblock
松本空 Ghost In The Rain
MASAO Antibiotic (Live Ver.)
不明 Horse Riding」「Thirst

関連人物編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ バンド名の表記は正式には「the」が小文字で「HIATUS」は大文字の「the HIATUS」。"HIATUS"は「中断、隙間」の意。
  2. ^ オフィシャルサイトには本人によるメッセージが掲載された。

出典編集

  1. ^ a b c d the HIATUS の記事まとめ”. rockinon.com. 2018年7月17日閲覧。
  2. ^ a b c d the HIATUSの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2018年7月17日閲覧。
  3. ^ the HIATUSツアーメンバーと磨き上げた1st EPリリース”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2009年10月15日). 2018年3月24日閲覧。
  4. ^ a b 細美武士、ソロ活動はフォーライフで「ゼロからやってみたかった」”. BARKS (2008年10月27日). 2018年7月17日閲覧。
  5. ^ a b 細美武士のソロ・プロジェクト、<パンクスプリング09>でついに始動”. BARKS (2009年1月20日). 2018年7月17日閲覧。
  6. ^ 細美武士の新プロジェクト、バンド名がthe HIATUSに決定。6月から開催される全国ツアーの詳細も発表!”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2009年4月6日). 2018年7月17日閲覧。
  7. ^ 細美武士、新プロジェクト名決定&ツアー詳細発表”. BARKS (2009年4月6日). 2018年7月17日閲覧。
  8. ^ 細美武士の新プロジェクトthe HIATUSのアルバム詳細決定”. BARKS (2009年5月1日). 2018年7月17日閲覧。
  9. ^ the HIATUS、初EPジャケ&最新アー写を公開”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2009年10月29日). 2018年3月24日閲覧。
  10. ^ the HIATUS、3曲入り1st EPを11/18発売”. BARKS (2009年10月16日). 2018年7月17日閲覧。
  11. ^ the HIATUS、1st EP最新情報!”. rockinon.com (2009年10月29日). 2018年7月17日閲覧。
  12. ^ 細美武士の新プロジェクト、the HIATUSは“表現者たちのプロジェクト””. BARKS (2009年5月25日). 2018年7月17日閲覧。
  13. ^ a b c the HIATUS”. TOKIO HOT100. J-WAVE WEBSITE (2016年7月3日). 2018年3月24日閲覧。
  14. ^ a b c d MONOEYES インタビュー(2ページ目)”. 激ロック. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2015年7月23日). 2018年7月17日閲覧。
  15. ^ the HIATUS (ザ ハイエイタス)”. Real Sound . 2018年7月19日閲覧。
  16. ^ the HIATUS の新着ニュース・新曲・ライブ・チケット情報”. BARKS. 2018年7月18日閲覧。
  17. ^ 細美武士の表現と強さの本質とは。揺るぎない作家精神を紐解く”. CINRA.NET (2016年8月22日). 2018年7月19日閲覧。
  18. ^ the HIATUS、様々な挑戦の果てに掴んだ『Hands Of Gravity』。細美武士の音楽家の本質に向かい合う”. MUSICA.net. 株式会社FACT (2016年7月17日). 2018年7月19日閲覧。
  19. ^ a b the HIATUS「Keeper Of The Flame」インタビュー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年3月26日). 2018年3月24日閲覧。
  20. ^ a b MONOEYES インタビュー(1ページ目)”. 激ロック. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2015年7月23日). 2018年7月17日閲覧。
  21. ^ BIOGRAPHY”. the HIATUS公式サイト. 2018年7月17日閲覧。
  22. ^ the HIATUS×THIRD EYE BLINDが東名阪スプリットツアー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年3月9日). 2018年3月24日閲覧。
  23. ^ the HIATUSがレーベル移籍、第1弾作品はドキュメンタリー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年7月20日). 2018年3月24日閲覧。
  24. ^ the HIATUS、9月に映像作品をDVDとBlu-rayでリリース&11月から全国ホールツアー&そのツアーで堀江博久がバンドを離れることを発表”. rockinon.com (2012年7月5日). 2018年7月17日閲覧。
  25. ^ the HIATUSホールツアー決定、これをもって堀江博久離脱”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年7月5日). 2018年3月24日閲覧。
  26. ^ the HIATUS、ツアーファイナルで初の日本武道館公演を発表!

外部リンク編集