堀田 正恒(ほった まさつね、1887年明治20年)10月21日 - 1951年昭和26年)3月16日[1])は、日本政治家華族貴族院伯爵議員。旧姓名は鍋島 直言[1]

堀田正恒

経歴編集

東京府出身。子爵鍋島直柔の次男として生まれ、伯爵堀田正倫の婿養子となる[1][2]。養父・正倫の死去に伴い、1911年1月31日、家督を相続し伯爵を襲爵した[1][3]旧制府立第一中学校などを経て[4]1915年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業し、さらに同大学院を修了[2][5]

1918年7月、貴族院伯爵議員に選出され、研究会に属して1946年4月30日まで在任した[5][6]。また、海軍省参事官犬養内閣齋藤内閣岡田内閣の海軍政務次官大日本農会会頭、帝国農会特別議員、夕張鉄道取締役などを務めた[2][5]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』下巻、493-495頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録』第14版 下、ホ38-39頁。
  3. ^ 『官報』第8281号、明治44年2月1日。
  4. ^ 『東京府立第一中学校五十年史』巻末「如蘭会員及現在生徒名簿」(東京府立第一中学校、1929年)
  5. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』29頁。
  6. ^ 『官報』第5794号、昭和21年5月11日。
  7. ^ 『官報』第534号「叙任及辞令」1914年5月12日。
  8. ^ 堀田正恒『華族家庭録. 昭和11年12月調』
  9. ^ サカタのタネ歴史物語サカタのタネ
  10. ^ a b c d 『現代の系譜: 日本を動かす人々』東京中日新聞出版局, 1965, p231

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。

外部リンク編集

  • 堀田正恒『現代名士人格と修養』坂本箕山 著(帝国文学通信社、1920年)
日本の爵位
先代:
堀田正倫
伯爵
佐倉堀田家第2代
1911年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)