メインメニューを開く

堀田正倫

堀田 正倫(ほった まさとも)は、江戸時代末期の大名明治時代の伯爵下総佐倉藩第6代(最後)の藩主。正俊系堀田家10代。

 
堀田 正倫
Hotta Masatomo.jpg
時代 江戸時代末期 - 明治時代
生誕 嘉永4年12月6日1851年12月28日
死没 明治44年(1911年1月11日
墓所 千葉県佐倉市新町の甚大寺
官位 従五位下、相模守
幕府 江戸幕府
下総佐倉藩主→佐倉藩知事
氏族 堀田氏
父母 父:堀田正睦、母:平田伊久
正室:吉子松平斉斎の娘)
継室:伴子万里小路通房の娘)
和子(堀田正恒正室)
養子:正威正恒

目次

生涯編集

第5代藩主で幕末の老中堀田正睦の四男。安政6年(1859年)、父が井伊直弼との政争に敗れて失脚したため、家督を譲られて藩主となった。幕府に対する忠誠心は父譲りなのか、慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦い後、徳川慶喜に対して朝廷から討伐令が下ると、上洛して慶喜の助命と徳川宗家の存続を嘆願したが、新政府から拒絶されただけでなく、京都に軟禁状態にされた。このため、藩主不在となった佐倉藩は危機を迎えたが、家老の平野縫殿が新政府軍に与して大多喜藩に出兵したため、何とか改易は免れた。

明治維新後は知藩事となった。廃藩置県後は東京に移住し、日本の文化活動推進に貢献した。明治17年(1884年)に伯爵に叙される。明治23年(1890年)、佐倉に戻って私立の農事試験場設立や(旧制)佐倉中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)維持発展に寄与するなど地域の発展に尽力した。1911年に死去、享年61。はじめ母里藩松平直哉の四男正威を養子としていたが離縁し、婿養子の正恒(蓮池藩主鍋島直柔の次男)が家督を継いだ。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  2. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。

関連項目編集

日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
佐倉堀田家初代
1884年 - 1911年
次代:
堀田正恒
先代:
堀田正睦
堀田家
1859年 - 1911年
次代:
堀田正恒