メインメニューを開く
本来の表記は「德川義宣」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

徳川 義宣(とくがわ よしのぶ、1933年12月24日 - 2005年11月23日)は、尾張徳川家第21代当主。美術史家、財団法人徳川黎明会会長、徳川美術館長。養子のため徳川家の直系の血筋ではないが、多数の著作や講演でのアピールで、他の御三家以上に露出度を高めた。徳川家康の遺訓だとされていた「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくがごとし」は、家康のものではなく、徳川光圀のものであると確認した。

生涯編集

下総佐倉藩主家当主の堀田正恒伯爵の六男として東京市渋谷区に生まれた。生まれた時の姓名は堀田正祥。学習院幼稚園から学習院大学まで明仁親王(現・明仁上皇)の同級生であった。1955年11月、学習院大学政経学部経済学科在学中に尾張徳川家20代当主徳川義知婿養子となり、徳川義宣と改名する。

1956年3月、学習院大学政経学部経済学科を卒業、同年4月、東京銀行に入行。1957年11月、財団法人徳川黎明会評議員に就任し1960年5月に徳川黎明会理事となった。

1961年7月、東京銀行を退職して同年9月、東京大学農学部林学科の研究生となった。1964年9月に東京大学を修了し、東京国立博物館の研究生となる。1965年3月に東京国立博物館研究生を修了し、学芸員の資格を取得する。この間の1965年1月に八雲産業株式会社社長となった。

1967年3月、財団法人徳川黎明会専務理事に就任する。1972年10月、有限会社徳川農場を設立し社長に就任した。

1976年4月、財団法人徳川黎明会および徳川美術館の館長に就任、旧大名家の家宝を収集する。特に尾張家旧蔵であった大名物《金花》の茶壺を再発見し、同家に買い戻した逸話は名高い。

徳川美術館所蔵の国宝源氏物語絵巻》の研究で知られ、1977年4月、愛知学院大学文学部講師に就任する(1984年3月まで)。1981年4月、青山学院女子短期大学国文科講師に就任(2002年3月まで)。1983年4月、上智大学美術史講師に就任(~1991年3月まで)。

1990年4月、社団法人国際日本語普及協会評議員に就任、1991年4月、学習院大学日本社会史講師に就任、同年12月、博物館法制定40周年文部大臣を表彰、日本博物館協会から顕彰を送られた。

1993年5月、財団法人徳川黎明会会長に就任した。2002年11月、文化庁長官を表彰。

2005年11月23日肺炎のため順天堂大学医学部附属順天堂医院で71歳で死去した。長男である徳川義崇が尾張徳川家22代当主を継承。

係累・血筋編集

主要著書編集