夕暮れにベルが鳴る』(ゆうぐれにベルがなる、原題:When a Stranger Calls)は、1979年制作のアメリカ合衆国スリラー映画

夕暮れにベルが鳴る
When a Stranger Calls
監督 フレッド・ウォルトン
脚本 スティーヴ・フィーク
フレッド・ウォルトン
製作 ダグ・チャピン
スティーヴ・フィーク
製作総指揮 メルヴィン・サイモン
バリー・クロスト
出演者 キャロル・ケイン
チャールズ・ダーニング
音楽 ダナ・カプロフ
撮影 ドナルド・ピーターマン
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年10月26日
日本の旗 1981年5月16日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $21,411,158[2]
次作 新・夕暮れにベルが鳴る
テンプレートを表示

アメリカでは非常に有名な都市伝説The Babysitter and the Man Upstairs”をモチーフとした映画。

あらすじ編集

舞台はロサンゼルス。ジルはある邸宅でベビーシッターのアルバイトにつく。その夜、邸宅の主人夫妻の外出後、。広い邸内に電話のベルが鳴り響く。ジルが電話をとるが、何も応答がない。だが、それが2、3度続き、今度は「子供の様子を見たか」という男の声が聞こえてきた。

驚いたジルはいたずら電話かと思いながらも、一応警察に通報する。逆探知の結果、なんとその電話は家の中からかかっていることが判明する。その時、2階から忍びよる男の影がジルに近づく。パトロール中の警官クリフォードが男を捕え、ジルは無事だった。しかし、子供たちは無残な死体となって発見された。犯人の力ート・ダンカンは精神異常として死刑を免れ、精神病院に収容された。

それから7年後。ダンカンが精神病院を脱走、今では大企業のエリート幹部の夫人におさまっていたジルのもとに、再びダンカンの影が迫る…。

キャスト編集

続編・リメイク編集

関連作品編集

  • 暗闇にベルが鳴る(1974年) - 同じ都市伝説を題材にした映画。
  • ファイナルデッドコール 暗闇にベルが鳴る(2006年) - 上記、「暗闇にベルが鳴る」のリメイク
  • 夕闇にベルが鳴る(2006年) - 同じ都市伝説を題材にした映画。

脚注編集

  1. ^ It's a Scream for Three Unknowns: UNKNOWNS Thomas, Kevin. Los Angeles Times (1923–Current File) [Los Angeles, California], October 26, 1979: g23.
  2. ^ When a Stranger Calls (1979)”. Box Office Mojo. 2015年11月15日閲覧。

外部リンク編集