大いなる遺産 (宝塚歌劇)

ミュージカル・プレイ[1]大いなる遺産 -チャールズ・ディケンズ原作-』(おおいなるいさん)は、宝塚歌劇団のミュージカル作品。18場[1]

月組[1]公演。脚本・演出は太田哲則[1]

併演作品は『ザ・モダーン[1]』。

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[2]参考。

チャールズ・ディケンズ同名の小説を原作とする。

あらすじ編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[2]参考。

19世紀初頭、鍛冶屋で働く孤児のピップは、名を明かさない「恩人」から莫大な遺産相続を約束され、ロンドンで新しい人生を始める。幼い頃、心惹かれたエステラとも再会するが、冷たくあしらわれるピップ…。都会の生活になじみ、徐々に俗者になっていた彼の前に「恩人」が姿を現わす。

公演期間と公演場所編集

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通

主な配役編集

本公演
新人公演

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 340、342.
  2. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 164.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 80年史 1994, p. 340.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 80年史 1994, p. 344.
  5. ^ a b c 80年史 1994, p. 342.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫 著、編集統括:北川方英 編 『夢を描いて華やかに―宝塚歌劇80年史―』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3