メインメニューを開く

大塚 祥平(おおつか しょうへい、1994年8月13日[1] - )は、大分県大分市出身[1]日本陸上競技長距離走)選手である。九電工陸上競技部に所属する[2]大分東明高校駒澤大学を卒業した[2]

大塚 祥平
おおつか しょうへい
Portal:陸上競技
Syohei Otsuka 190915.jpg
マラソングランドチャンピオンシップ
(2019年9月15日撮影)
選手情報
フルネーム 大塚 祥平
ラテン文字 Syohei Ohtsuka
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離種目
所属 九電工
生年月日 (1994-08-13) 1994年8月13日(25歳)
出身地 大分県の旗 大分県大分市
身長 170[1]cm
体重 54[1]kg
自己ベスト
5000m 13分55秒41(2018年)
10000m 28分28秒14(2019年)
20km 1時間00分49秒(2013年)
ハーフマラソン 1時間02分32秒(2014年)
30km 1時間31分29秒(2015年)
マラソン 2時間10分12秒(2018年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

  • 中学時代から全国トップレベルで活躍。
  • 高校時代には5000mを14分1桁秒台と高校生ランナートップランナーとして活躍していた。3年時の第63回高校駅伝では3区を担当。17位で襷を受け取ったが区間4位、日本人では1位の好走でチームを4位に押し上げた(総合順位は11位)[3]
  • 高校卒業後は駒澤大学に進学した。しかしこの年(2013年)に優勝した出雲全日本に出場は無かった。大塚自身の大学駅伝デビュー戦どなる第90回箱根駅伝では、8区を任され、大八木弘明監督の作戦『トップと2分以内』と言われたが、トップを走る東洋大学高久龍に1分30秒離されてしまい、チームは総合2位と大学駅伝三冠まであと一歩届かなかった。
  • 全日本大学駅伝では3年時と4年時の2度、最長区間である8区(19.7km)を担当。3年時は留学生2人に次ぐ区間3位、日本人1位でチーム総合3位に貢献した[4]。4年時にも区間3位の好走だったものの、区間賞を獲得したニャイロ山梨学院大学)に抜かれ、順位を1つ落とし、チーム総合では4位だった[5]
  • 大学4年時の第93回箱根駅伝では前年に続き5区(20.8km)にエントリー。駒大はケガに苦しんだエースの中谷圭佑が4区、区間18位と大ブレーキだったこともあり、小田原中継所で大塚に襷が渡った時点で9位。しかも翌年のシード権外となる11位とわずか12秒差という状況だった。しかし大塚は箱根湯本から大平台までで1人、小涌園から芦之湯までで2人、更に元箱根まででも1人、計4人抜きの快走で順位を5位に上げ、芦ノ湖の往路ゴール。11位までの時間差を2分20秒にまで広げるとともに区間賞を獲得した。駒大が5区区間賞を獲得したのは67回大会以来26年ぶりである。駒大は翌日の復路11位と振るわなかったものの、大塚の作った貯金を活かし総合9位、翌年のシード権を保持した[6]
  • 卒業後は九電工に就職し、2018年には北海道マラソンで2時間12分07秒の記録で日本人3位(総合4位)となり、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得した。

駅伝戦績編集

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝 出典
1年生
(2013年度)
第25回
- - -
出走なし
第45回
- - -
出走なし
第90回
8区-区間6位
1時間06分21秒
2年生
(2014年度)
第26回
- - -
大会中止
第46回
- - -
出走なし
第91回
8区-区間2位
1時間05分45秒
3年生
(2015年度)
第27回
6区-区間4位
29分57秒
第47回
8区-区間3位[注釈 1]
58分39秒
第92回
5区-区間4位
1時間20分38秒
4年生
(2016年度)
第28回
6区-区間4位
30分14秒
第48回
8区-区間3位
58分03秒
第93回
5区-区間賞
1時間12分46秒

自己ベスト編集

脚注編集