メインメニューを開く

大成町

かつて日本の北海道檜山支庁管内にあった町

大成町(たいせいちょう)は、北海道南西部、檜山支庁中部にあって、日本海に面していた町。

たいせいちょう
大成町
廃止日 2005年9月1日
廃止理由 新設合併
瀬棚郡北檜山町瀬棚町
久遠郡大成町
久遠郡せたな町
現在の自治体 せたな町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 檜山支庁
久遠郡
団体コード 01366-8
面積 133.91km2
総人口 2,428
(住民基本台帳人口、2005年8月末)
隣接自治体 瀬棚郡北檜山町爾志郡熊石町
町の木 オンコ
町の花 エゾヤマツツジ
大成町役場
所在地 043-0595
北海道久遠郡大成町字都427番地
座標 北緯42度13分37.2秒
東経139度49分17.1秒
北海道内における大成町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

町名は1955年に久遠村と貝取澗村が合併した際、町の発展を願って名付けられた。

2005年9月1日久遠郡大成町・瀬棚郡瀬棚町北檜山町の3町は新設合併により、大成町区域は、久遠郡せたな町合併特例区の一つ「大成区」となった。せたな町の本庁舎は旧北檜山町役場に置かれている。 尚、「久遠郡」は合併後も「久遠郡せたな町」として残った。久遠郡は合併により拡大した、全国でも数少ない例である。瀬棚郡北檜山町が町役場を、瀬棚郡瀬棚町が町名を、そして久遠郡大成町が郡名をそれぞれ引き継ぐ形となった。

目次

地理編集

町役場は北海道本島で最も西に位置する。日本海に面する海岸線(約36km) は奇岩岩礁が連なる。北東部は山岳地帯となっており、町の大部分が傾斜地である。

  • 山:遊楽部岳(1,277m) 、白水岳(1,136m) 、毛無山(816m)
  • 岬:尾花岬、ツラツラ岬、長磯岬

隣接していた自治体編集

檜山支庁

沿革編集

経済・産業編集

国勢調査人口の推移編集

1920年       4,658 久遠村・貝取澗村・長磯村平田内村
1925年      4,575 久遠村・貝取澗村
1930年        4,961 久遠村・貝取澗村
1935年          5,422 久遠村・貝取澗村
1940年         5,515 久遠村・貝取澗村
1947年          6,588 久遠村・貝取澗村
1950年          7,190 久遠村・貝取澗村
1955年       7,232 大成村
1960年      7,128 大成村
1965年      6,180 大成村
1970年    5,111
1975年       4,661
1980年     3,813
1985年     3,615
1990年     3,168
1995年       2,919
2000年       2,730

教育編集

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

  • 長磯海岸、太田海岸
  • 親子熊岩:町のシンボル。カントリーマークに採り入れられている。
  • 太田山神社
  • 太田定灯篭
  • 平浜海水浴場

関連項目編集

外部リンク編集