メインメニューを開く

瀬棚町

かつて日本の北海道檜山支庁管内瀬棚郡にあった町

瀬棚町(せたなちょう)は、北海道南西部の檜山支庁北部にあって、日本海に面していた町。

せたなちょう
瀬棚町
立象山展望台から見る瀬棚市街地
立象山展望台から見る瀬棚市街地
廃止日 2005年9月1日
廃止理由 新設合併
瀬棚郡北檜山町瀬棚町
久遠郡大成町
久遠郡せたな町
現在の自治体 久遠郡せたな町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 檜山支庁
瀬棚郡
団体コード 01368-4
面積 125.69km2
総人口 2,713
(住民基本台帳人口、2005年8月末)
隣接自治体 瀬棚郡北檜山町島牧郡島牧村
町の木 イタヤカエデ
町の花 ハマナス
町の鳥 カモメ
瀬棚町役場
所在地 049-4812
北海道瀬棚郡瀬棚町字本町719
座標 北緯42度27分2.8秒
東経139度51分11.3秒
北海道内における瀬棚町の位置
 表示 ウィキプロジェクト
瀬棚港周辺の空中写真。1976年撮影の3枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

2005年9月1日瀬棚郡瀬棚町・北檜山町久遠郡大成町の3町が新設合併したことにより、瀬棚町区域は、久遠郡せたな町合併特例区の一つ「瀬棚区」となった。せたな町の本庁舎は旧北檜山町役場に置かれている。

町名の由来はアイヌ語の「セタルペシュペナイ」(犬が泳ぎ渡る川)が略された「セタナイ」から。

日本初の女医である荻野吟子1897年から1908年まで当地で生活した。

地理編集

北東部は狩場山などの山岳地帯である。日本海に面した海岸は急峻で、狩場茂津多道立自然公園に指定されている。海岸線沿いに国道229号が通る。

  • 山:狩場山(1,520m)
  • 河川:馬場川、島歌川
  • 岬:茂津多岬

隣接していた自治体編集

檜山支庁
後志支庁

沿革編集

姉妹都市・提携都市編集

経済・産業編集

水産業と農業が盛ん。

教育編集

交通編集

鉄道編集

国鉄瀬棚線1987年3月15日に廃止された。瀬棚町内には瀬棚駅が設置されていた。鉄道代替バスは函館バスが運行。

バス編集

  • 函館バス
  • 瀬棚町営バス

道路編集

一般国道
都道府県道

港湾編集

  • 須築漁港
  • 美谷漁港
  • 吹き込み漁港
  • 虻羅漁港
  • 中歌漁港
  • 瀬棚港

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身の有名人編集

関連項目編集

外部リンク編集