メインメニューを開く

大日本軌道(だいにっぽんきどう[1])は、甲州出身の資本家・雨宮敬次郎が経営していた軽便鉄道会社。「大軌」とも略される。

1906年明治39年)に公布された鉄道国有法によって、これまで雨宮が投資してきた鉄道事業は地方交通が対象になると見て1908年(明治41年)に設立された。

1911年(明治44年)1月には雨宮が死去し、各支社は独立色を強めつつも、1910年(明治43年)8月軽便鉄道法施行後の流行の波に乗り全国規模で地方中小都市近郊に地元小資本家からも出資を募りながら軽便鉄道を建設した。

また、鉄工部では主に小型蒸気機関車の製造を行っていた。1919年大正8年)に、それを母体に雨宮製作所が発足した。なお各支社の路線のうち過半数は廃線となったが、静岡、浜松、広島支社の路線は改軌電化などの変遷を経て、今もなお盛業中である。各支社のその後は以下の通り。

歴史編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 軽便鉄道時代』(2010年)179ページでは「大日本軌道山口支社」の読み仮名を「だいにほんきどうやまぐちししゃ」と記述している。
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治41年』(国立国会図書館デジタルコレクション)より
  3. ^ 『官報』1908年8月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治42年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 雨宮敬次郎没す 明治44年1月22日東京朝日新聞『新聞集成明治編年史. 第十四卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 12月20日許可「軌道敷設特許権譲渡」『官報』1917年12月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 2月18日許可「軌道敷設特許権譲渡」『官報』1919年2月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 5月23日許可「軌道敷設特許権譲渡」『官報』1919年5月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 10月3日許可「軌道敷設特許権譲渡」『官報』1919年10月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ 2月18日許可「軌道敷設特許権譲渡」『官報』1920年2月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 7月1日許可「軌道敷設特許権譲渡」『官報』1920年7月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 「軌道特許失効」『官報』1921年1月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献編集

  • 岡本憲之『軽便鉄道時代 - 北海道から沖縄まで“せまいせんろ”の軌跡』JTBパブリッシング〈キャンブックス〉、2010年2月1日 発行、初版。ISBN 978-4533077562
  • 中川浩一ほか『軽便王国雨宮』1972年、丹沢新社

関連項目編集