メインメニューを開く

大森 寿美男(おおもり すみお、1967年8月3日 - )は日本の脚本家演出家映画監督

大森 寿美男
(おおもり すみお)
プロフィール
誕生日 (1967-08-03) 1967年8月3日(51歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
主な作品
テレビドラマ泥棒家族
トトの世界〜最後の野生児〜
てるてる家族
風林火山
精霊の守り人
なつぞら
映画39 刑法第三十九条
風が強く吹いている
受賞
第21回(1999年)ヨコハマ映画祭 脚本賞(『39 刑法第三十九条』)
第19回(2000年度)向田邦子賞(『泥棒家族』『トトの世界〜最後の野生児〜』)

神奈川県出身。

目次

経歴編集

10代で演劇活動を始め、劇団「自家発電」を旗揚げし、作・演出を手掛ける。1990年代前半には渡辺えり子主宰の「劇団3○○(さんじゅうまる)」の公演『1の1の6』(1990年)、『クレヨンの』(1991年)、『月に眠る人』(1993年)等に出演。1997年には『男的女式(おとこてきおんなしき)』が第3回日本劇作家協会新人戯曲賞にノミネートされる。同年オリジナルビデオ新・静かなるドン』で脚本家としてデビューした。

泥棒家族』(日本テレビ)、『トトの世界〜最後の野生児〜』(NHK-BS2)において“社会に対する確かな視線”が評価され、当時史上最年少で第19回(2000年度)向田邦子賞を受賞した。

コメディから時代劇まで幅広いジャンルをこなす。映画では特に篠原哲雄が監督を務めた作品を多く手掛けている。

2009年10月公開の『風が強く吹いている』で映画監督としてもデビューし[1]、第31回(2009年)ヨコハマ映画祭および第19回(2009年度)日本映画批評家大賞において新人監督賞を受賞。

作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

  • 男的女式(1997年)
  • 深夜特急〜めざめれば別の国〜(2018年、オフィス3○○) - 演出

書籍編集

受賞歴編集

脚注編集

外部リンク編集