メインメニューを開く

向田邦子賞(むこうだ くにこ しょう)は、優れたテレビドラマ脚本作家に与えられる賞。主催は『週刊TVガイド』の東京ニュース通信社

1981年8月22日遠東航空103便墜落事故で亡くなった脚本家で直木賞作家の向田邦子(代表作に『寺内貫太郎一家』『阿修羅のごとく』など)の業績を称え、1982年に制定された。

毎年1回、4月1日から翌年3月31日までに放送されたテレビドラマ作品(基本的にオリジナル脚本)をノミネートし、4月中旬に選考委員会を開き、年間賞となる作品を選考する。

目次

受賞作品編集

選考委員編集

※過去を含む。

原作付きの受賞作編集

先述の通り原則としてオリジナル脚本がノミネート対象となるが、原作付きの受賞作が皆無というわけではない。原作付きの受賞作としては、第9回の『去っていく男』(内海隆一郎の同名短編小説が原作)、第14回の『小石川の家』(青木玉の同名随筆が原作で、幸田文の随筆『父』『みそっかす』のエピソードも混ぜている)、第19回の『トトの世界』(さそうあきらの同名漫画が原作)、第36回の『架空OL日記』(受賞者のバカリズム本人が執筆した同名書籍が原作)がある。また、第14回の『響子』及び第16回の『終わりのない童話』は、向田邦子の小説が原案となっている。

出典編集

外部リンク編集