メインメニューを開く

大津湖岸なぎさ公園(おおつこがんなぎさこうえん)は、滋賀県大津市浜大津にある公園

大津湖岸なぎさ公園
Otsu Kogan Nagisa Park
Otsu nagisa park.JPG
所在地
滋賀県大津市島の関~晴嵐1丁目
面積 30.8ha
運営者 滋賀県
駐車場 583台
事務所 財団法人大津市公園緑地協会南部公園事務所
事務所所在地 〒520-0037大津市御陵町4番1号
テンプレートを表示

概要編集

大津港の東からJR石山駅近くを流れる盛越川まで琵琶湖畔に約4.8kmにわたって続く細長い公園。多くのスポーツ施設や文化施設を含め、6つのエリアに分かれて整備されている。1998年(平成10年)9月竣工。2007年(平成19年)から大津市の中心市街地活性化基本計画の事業の一つとして、株式会社まちづくり大津が様々な面からの整備を進め、事業の一環として2009年(平成21年)4月23日には、びわ湖ホールの西隣に4件のカフェ「なぎさのテラス」がオープンした。琵琶湖の景観を楽しみながら散策できる公園として、軽スポーツや犬の散歩なども含め、数多くの市民、観光客に親しまれ、利用されている。

1995年(平成7年)に「都市景観100選建設大臣賞)」を受賞。地球環境関西フォーラムが選定の関西自然に親しむ風景100選に選出。

 
比叡山と琵琶湖に囲まれたなぎさ公園。遠方には琵琶湖ホテル大津港びわ湖花噴水を望むことができる。
  • おまつり広場
    • 大津港とつながり、大津市の中心部に近い。文化的イベントなど多目的な利用を目的に芝生が敷き詰められている。
  • 打出の森
  • なぎさのプロムナード
    • 打出の森から市民プラザへと続く、長い遊歩道。芝生公園に四季折々の花をあしらった広場。
  • 市民プラザ
    • 湖面に突き出た場所にあり、最も展望のよい広場。比叡比良の山並み、市内の街並みを眺めることができる。
  • サンシャインビーチ
    • なぎさ公園中で一番広く、近江大橋から市民プラザまで白い砂浜が続く。砂浜の背後には松並木が続き、白浜青松の風景が広がる場となる。広場の後ろには、レストランや姉妹友好都市の紹介コーナーを設けた「ヴュルツブルクハウス」、市民プールが併設されている。
  • 膳所・晴嵐の道
    • 膳所城址公園から晴嵐までの湖岸沿いをつなぐ遊歩道。湖につき出た膳所城址公園や近江八景で有名な「粟津の晴嵐」など大津の歴史と景観が自然と一体になっている。

アクセス方法編集

周辺編集

周辺地帯は国内有数のオペラホールがある他、近年再開発が進み、マンションやリゾートホテルが建ち並び、琵琶湖を望むカフェやレストランも多くオープンしている。

関連項目編集

参照・外部リンク編集