メインメニューを開く

大津線(おおつせん)とは、かつて滋賀県大津市膳所駅から浜大津駅の間に存在していた日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線である。

Japanese National Railway logo.svg 大津線
概要
現況 廃止
起終点 起点:膳所駅
終点:浜大津駅
駅数 4駅(うち2駅は廃線前に廃止)
運営
開業 1880年7月15日 (1880-07-15)
廃止 1969年11月1日 (1969-11-1)
所有者 工部省鉄道局鉄道庁→逓信省→鉄道作業局→帝国鉄道庁鉄道院→鉄道省運輸通信省運輸省日本国有鉄道
路線諸元
路線総延長 2.2 km (1.4 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線



lBHF exlBHF
国鉄線の駅
ulBHF uexlBHF
社線の駅

STR
京阪石山坂本線
STR STR
東海道本線
BHF
0.00 膳所 * 1934-
STRl
STRq xABZq+r exSTR+r
京阪膳所
STR exSTR
0.80 石場 1880-1913
STR HST exSTR
大津 (3) 1921-
STR STR exSTRl
東海道本線旧線 1880-1921
STR STRl tSTRaq
東海道本線現在線 1921-
島ノ関
1.61 紺屋関 1902-1913
大橋堀
xABZgl STRq STR+r
琵琶湖汽船
BOOT exBHF
2.09 浜大津 # 1913-1969
exSTR+l
京阪京津線
exSTR
STR
exSTR STR
京阪石山坂本線
exSTR
江若鉄道

膳所 * 1934-
=馬場 1921-1934
=大津 (2) 1913-1921
=馬場 1880-1913

浜大津 # 1913-1969
=大津 (1) 1880-1913

概要編集

現在の東海道本線の建設が始まった際、琵琶湖を挟んだ大津 - 長浜間は当面太湖汽船による舟運による連絡とされ、この航路へ接続するべく、建設された路線である。後に米原 - 馬場(現膳所)間が鉄道で結ばれると琵琶湖航路は廃止となり、枝線となった馬場 - 大津(後の浜大津)間も旅客営業を廃止し東海道本線の一貨物支線となるが、1898年明治31年)に旅客営業を再開し、線路名称が制定された1909年(明治42年)に大津線として独立した路線となる。

その後、大津線上に大津電車軌道(現在の京阪石山坂本線)の電車を通すため三線軌条化(大津電車軌道は軌間1435mmのため)され、1913年大正2年)3月1日の大津電車軌道線開業と日を同じくして大津線は旅客営業を廃止すると同時に、再度東海道本線の支線となって大津線の名称は消滅した。

貨物営業は継続されたため路線はそのまま残り、1925年(大正14年)に浜大津へ接続した江若鉄道からの直通旅客列車も運転されていた。しかし、江若鉄道が1969年昭和44年)11月1日に廃線になると、旧大津線の区間も同日に廃止となった。ただし、旧大津線の区間の資産は引き続き国鉄が所有し、その後国鉄清算事業団に引き継がれた後、京阪電気鉄道に売却されている。

歴史編集

  • 1880年明治13年)7月15日 東海道線大谷 - 馬場 - 大津間開業。馬場駅(現在の膳所駅)、石場駅、大津駅(初代、後の浜大津駅)が開業。馬場 - 大津間は1M23C14L(≒2.07km)
  • 1889年(明治22年)
    • 7月1日 関ヶ原 - 馬場間開業(東海道線全通)により、馬場 - 大津間の旅客営業は廃止、貨物支線となる。石場駅営業休止
    • 7月6日 MCL表示からMC表示に変更(馬場 - 大津間 1M23C14L→1M23C)
  • 1898年(明治31年)8月1日 馬場 - 大津間旅客営業再開。石場駅営業再開。同時に石場 - 大津間改キロ、3C(≒0.06km)延長
  • 1902年(明治35年)
    • 1月1日 紺屋関駅開業
    • 11月12日 MC表示からマイル表示に変更(馬場 - 大津間 1M23C→1.3M)
  • 1909年(明治42年)10月12日 国有鉄道線路名称制定。馬場 - 大津間は大津線となる
  • 1913年大正2年)
    • 3月1日 大津電車軌道線の営業開始に伴い、馬場 - 大津間旅客営業廃止。東海道本線の支線となる。石場駅、紺屋関駅廃止
    • 6月1日 馬場駅を大津駅(2代目)に、大津駅(初代)を浜大津駅に改称
  • 1921年(大正10年)8月1日 大津駅(3代目)開業に伴い、大津駅(旧馬場駅)を馬場駅に再改称し荷物営業廃止(貨物駅化)
     
    京阪電鉄石山坂本線島ノ関駅 - 石場駅間に設置された橋桁の銘盤:「鉄道省」や「KS12」の表示がされている。
  • 1930年昭和5年)4月1日 マイル表示からメートル表示に変更(1.3M→2.2km)
  • 1934年(昭和9年)9月15日 馬場駅を膳所駅に改称し、旅客営業再開
  • 1947年(昭和22年)1月25日 江若鉄道が浜大津 - 膳所間で旅客営業を開始
  • 1965年(昭和40年)7月10日 江若鉄道が浜大津 - 膳所間の旅客営業を廃止
  • 1969年(昭和44年)11月1日 膳所 - 浜大津間 (2.2km) 廃止、(貨)浜大津駅廃止

駅一覧編集

*が付く駅は、旅客営業廃止時に廃止となった駅。カッコ内は膳所駅起点の営業キロで、旅客営業廃止直前の営業マイルをメートル換算したもの。

膳所駅 (0.00km) - *石場駅 (0.80km) - *紺屋関駅 (1.61km) - 浜大津駅 (2.09km)

脚注および参考文献編集

[ヘルプ]

関連項目編集