メインメニューを開く

大田市立病院

大田市立病院(おおだしりつびょういん)は、島根県大田市にある医療機関。大田市病院事業の設置等に関する条例(平成17年10月1日条例第214号)により設置された市立の病院である。旧国立大田病院の譲渡を受けた大田市が1999年に開設した。大田圏の災害拠点病院である。2010年4月1日救急告示を取り下げており[1]地域医療への影響が出ている。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 大田市立病院
Ohda Municipal Hospital.jpg
情報
英語名称 Ohda Municipal Hospital
前身 国立大田病院
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
許可病床数

339床
一般病床:280床


感染症病床:4床


療養病床:55床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 大田市
管理者 楫野恭久(院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 1999年2月1日
所在地
694-0063
島根県大田市大田町吉永1428番地3
位置 北緯35度10分53秒
東経132度30分9秒
二次医療圏 大田
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1999年2月1日 - 国立大田病院の譲渡を受けた大田市が開設。

診療科編集

内科系診療部
外科系診療部
地域医療支援部
  • 健診センター
  • 救急センター
診療支援部
  • 薬剤科
  • 臨床検査
  • 臨床工学
  • 画像診断
  • 栄養管理
  • リハビリテーションセンター
看護部
事務部

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 指定療育機関
  • 原子爆弾被害者医療指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 第二種感染症指定医療機関
  • 災害拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関

周辺の施設編集

  • 大田市民球場

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 現場は今<上> 大田 市立病院救急指定取り下げ:語ろう 地域医療読売新聞2010年4月20日付、島根県:救急医療機関情報(島根県の救急告示病院一覧、2010年4月1日現在、2011年3月17日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集