メインメニューを開く

大阪市立大淀小学校(おおさかしりつ おおよどしょうがっこう)は、大阪市北区にある公立小学校

大阪市立大淀小学校
Osaka City Oyodo elementary school.JPG
過去の名称 西成郡鷺洲第四尋常小学校
大阪市鷺洲第四尋常高等小学校
大阪市浦江国民学校
大阪市立浦江小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪市
併合学校 大阪市大仁国民学校
校訓 よく考え・仲良く・たくましく
設立年月日 1918年
創立者 西成郡鷺洲町
共学・別学 男女共学
所在地 531-0076
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

沿革編集

西成郡鷺洲町[1]大正期に創立した鷺洲第二尋常小学校(1912年創立、のちの大阪市大仁国民学校)・鷺洲第四尋常小学校(1918年創立、のちの大阪市浦江国民学校)の2校を前身としている。

鷺洲第二小学校は鷺洲第一小学校(現在の大阪市立鷺洲小学校)から分離開校し、鷺洲第四小学校は鷺洲第一・鷺洲第二の2小学校の校区を再編して創立した。

第二次世界大戦後、戦災被害による国民学校の統廃合により、1946年に大仁国民学校を休校(のち正式に廃校)として浦江国民学校に統合した。1947年には学制改革により、大阪市立浦江小学校と称した。

旧大仁校跡は大阪市立大淀中学校の敷地に転用されている。またその後、区画整理により従来の浦江・大仁が改称されて大淀町(住居表示実施で大淀北・大淀中・大淀南)となったことに伴い、1968年に現在の大淀小学校へと改称している。

2010年3月に大阪市立中津南小学校が閉校したことに伴い、北区大淀北1丁目のうち中津南小学校校区に指定されていた地域を、同年4月より大淀小学校校区へと編入した。

年表編集

  • 1912年9月17日 - 西成郡鷺洲第二尋常小学校が創立(現在の大淀中学校敷地)。
  • 1918年11月15日 - 西成郡鷺洲第四尋常小学校が創立(現在の大淀小学校敷地)。
  • 1925年4月1日 - 鷺洲町が大阪市に編入。大阪市鷺洲第二尋常高等小学校、大阪市鷺洲第四尋常高等小学校とそれぞれ改称。
  • 1941年4月1日 - 国民学校令により、鷺洲第二尋常高等小学校を大阪市大仁国民学校、鷺洲第四尋常高等小学校を大阪市浦江国民学校へとそれぞれ改称。
  • 1944年 - 京都府福知山市集団疎開(大仁・浦江両校とも)。
  • 1946年4月1日 - 戦災により、大仁国民学校を休校(のち正式廃校)して浦江国民学校に統合。
  • 1947年4月1日 - 学制改革により、大阪市立浦江小学校と改称。
  • 1968年4月1日 - 大阪市立大淀小学校と改称。
  • 2010年 - 校区変更。大淀北1丁目1-5番と6番の一部を校区に編入。

通学区域編集

出身者編集

交通・アクセス方法編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ おおむね現在の大阪市北区大淀、福島区鷺洲・海老江と、淀川区および西淀川区塚本界隈にあたる。

外部リンク編集

関連項目編集