メインメニューを開く

大阪市立大淀中学校(おおさかしりつ おおよどちゅうがっこう)は、大阪府大阪市北区にある公立中学校

大阪市立大淀中学校
大阪市立大淀中学校
過去の名称 大阪市立大淀第一中学校
国公私立 公立学校
設置者 大阪市
設立年月日 1947年4月1日
共学・別学 男女共学
所在地 531-0076
大阪市北区大淀中2丁目1番11号
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

1947年に開校した。大阪市北区の大淀中津地区を校区としている。

学校は、第二次世界大戦の戦災に伴う国民学校統廃合によって廃校となった、旧大阪市大仁国民学校の校地跡に建設されている。

目次

沿革編集

学制改革に伴い、当時の大淀区で唯一の新制中学校・大阪市立大淀第一中学校として開校した。大阪市立浦江小学校(現在の大阪市立大淀小学校)内に校舎を設置していた。開校当時の校区は大淀区全域で、校区内の小学校は浦江・中津豊崎本庄豊崎東の4小学校だった。

2年後の1949年、大阪市立大淀第二中学校(現在の大阪市立豊崎中学校)が分離開校したことに伴い、豊崎地区を大淀第二中学校の校区に変更した。この時に現在の校区となっている。

また、大阪市立中学校について「行政区+創立順の番号」の仮称から地名などを取り入れた正式名称に一斉に変更する方針が出されたことに伴い、1949年5月1日付で現在の校名に変更している。

1951年に旧大仁国民学校跡の現在地に移転した。

年表編集

通学区域編集

交通編集

出身者編集

参考文献編集

  • 財団法人大阪都市協会『大淀区史』1988年11月、p.241

関連項目編集

外部リンク編集