メインメニューを開く

北緯42度9分44.5秒
東経142度46分26.8秒

大黒座
Daikokuza
Urakawa Daikokuza - snotch 2.jpg
地図
情報
正式名称 大黒座
完成 1918年9月1日
開館 1994年12月1日
客席数 48席
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DLP
用途 映画上映
旧用途 芝居小屋
所在地 057-0013
北海道浦河郡浦河町大通2丁目18
位置 北緯42度9分44.5秒 東経142度46分26.8秒 / 北緯42.162361度 東経142.774111度 / 42.162361; 142.774111座標: 北緯42度9分44.5秒 東経142度46分26.8秒 / 北緯42.162361度 東経142.774111度 / 42.162361; 142.774111
最寄駅 JR日高本線浦河駅
最寄バス停 道南バスジェイ・アール北海道バス「大通3丁目」停留所
外部リンク http://www.daikokuza.com/
特記事項 完成年月日は初代劇場の開場日。開館年月日は現劇場の開場日。

大黒座(だいこくざ)は、北海道浦河郡浦河町にある映画館

1918年(大正7年)に設立された、現存する北海道内の映画館としては最も古い映画館である。劇場正面の看板には大黑座(黒は旧字体)と書かれている。

歴史編集

 
サイレント期に上映した『雄呂血』(1925年)

開館編集

1918年(大正7年)9月1日[1]、当時建築業などを営んでいた三上辰蔵により、芝居小屋として開業したのが始まりである[1]。1925年(大正14年)の火災により焼失するも、程なくして再建[2]1920年代サイレント期には『雄呂血』(監督二川文太郎、主演阪東妻三郎、1925年、製作阪東妻三郎プロダクション奈良撮影所[3][4]などが上映された記録が残っている。

終戦から8年後の1953年(昭和28年)、220席の映画館として改築[1]。以降も引き継いだ運営者がクリーニング業を兼務しながら営業を継続。この頃の北海道内には364館の映画館があり、そのうち日高支庁内には当館を含めた16館があった[5]。1960年(昭和35年)正月期に片岡千恵蔵主演の東映映画『血槍無双』(監督佐々木康)を上映した際は、子供達の行列が出来た写真が残っている[1]

再開館編集

   
ロビー(左)と客席

建物の老朽化や道路拡張工事等の事情により、1994年(平成6年)5月に2代目の建物を取り壊した。同年12月1日、48席の映画館として再オープン[1]。2004年(平成16年)からは毎年秋に『大黒座まつり』(当初は「大黒座オリオンちかぢか祭」)と題したイベントを開催している。

2005年(平成17年)、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭鉄ちゃんシネマ大賞」を受賞[6][7]。2005年4月23日に苫小牧市にシネコンディノスシネマズ苫小牧」がオープンした影響で、同市中心部にあった苫小牧日劇苫小牧東宝・セントラル映劇が相次いで閉館している。

2013年(平成25年)、長年続けたフィルム上映の減少を機にデジタル上映設備を導入。同年12月21日『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(監督長井龍雪)と『そして父になる』(監督是枝裕和)からデジタル上映を開始した[8]。また長らく制作していなかった公式ウェブサイトが2014年(平成26年)1月に開設されている。

日高振興局内に唯一残る映画館であり、JR北海道の駅ナンバリングが実施されていない日高本線沿い[注 1]に所在する唯一の映画館である。

大黒座がロケ地になった映画編集

大黒座を訪れた著名人編集

   
『幕が上がる』上映時に舞台挨拶で訪れたももいろクローバーZの百田夏菜子(写真左)と高城れに

小さな町の小さな映画館編集

小さな町の小さな映画館
監督 森田惠子
製作 森田惠子
音楽 遠藤春雄
撮影 森田惠子
編集 四宮鉄男
配給 「小さな町の小さな映画館」上映委員会
公開   2011年6月18日公開
上映時間 105分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

小さな町の小さな映画館』は、2011年(平成23年)6月18日に公開された日本のドキュメンタリー映画[20]。大黒座を支える一家とそれを取り巻く町民たちとの人間模様を描く。ナレーションは中村啓子が担当。上映時間105分。

常設映画館では蠍座(札幌市)、みやこシネマリーン(岩手県宮古市)、シネマテークたかさき(群馬県高崎市)、川越スカラ座(埼玉県川越市)、ポレポレ東中野(東京都中野区)、下高井戸シネマ(東京都世田谷区)、新潟・市民映画館シネ・ウインド(新潟市)、京都みなみ会館(京都市)、元町映画館(神戸市)、宝塚シネ・ピピア(兵庫県宝塚市)、シネマ尾道(広島県尾道市)、シネマルナティック(松山市)、ガーデンズシネマ(鹿児島市)などで上映され、その他にも多数の映画祭などで上映された[21]

スタッフ編集

  • 監督・撮影・プロデューサー:森田惠子
  • 構成・編集:四宮鉄男
  • 音楽:遠藤春雄
  • デザイン:石原雅彦
  • 浦河コーディネート:小野寺信子
  • 配給:「小さな町の小さな映画館」上映委員会

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 室蘭本線との分岐駅である苫小牧駅(H18)を除く全線。

出典編集

  1. ^ a b c d e “発信・浦河「国内屈指の老舗映画館・大黒座の100年」(上)”. 北海道新聞 (北海道新聞社): p. 3. (2017年5月2日) 
  2. ^ 2.観光資源調査(歴史・文化)”. 地域創生部地域政策課. 日高振興局 (2016年9月21日). 2017年5月5日閲覧。
  3. ^ 雄呂血 - KINENOTE, 2013年12月29日閲覧。
  4. ^ “大黒座【浦河町/日高振興局】”. 札幌市経済新聞 ふりっぱーWEB (総合商研株式会社). http://www.fripper.jp/detail/index_3663.html 2013年12月29日閲覧。 
  5. ^ 『全国映画館総覧 1953年版』時事通信社, 1953年。同文献を出典としている1953年の映画館(北海道地方)「消えた映画館の記憶」を参照した。
  6. ^ ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2005「鉄ちゃんシネマ大賞」
  7. ^ 全国映画よもやま話vol.003「夫婦守り続ける老舗の映画館」”. シアターキノ. 2012年5月3日閲覧。
  8. ^ “デジタル映写21日から 浦河の大黒座、機材の設置完了”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2013年12月6日) 
  9. ^ 浦河町「大黒座」”. NMA DIARY. はてなダイアリー (2007年2月16日). 2013年12月29日閲覧。
  10. ^ 映画上映会のお知らせ - 浦河出身 女優 宮下ともみさんが出演「JAZZ爺MEN」 (PDF) 」 『広報うらかわ』、浦河町、2011年11月、 10頁、2017年5月5日閲覧。
  11. ^ 素敵な1日、その2”. 宮下ともみオフィシャルブログ「もみの木」 (2011年12月17日). 2013年8月14日閲覧。
  12. ^ 浦川さんと宇梶さんがあいさつ「カムイと生きる」上映【浦河】”. 北海道ニュースリンク (2012年3月6日). 2013年8月14日閲覧。
  13. ^ 北海道浦河で「ゴーシュ」「デビルマン」上映”. ANIDO official website (2013年7月20日). 2013年8月14日閲覧。
  14. ^ あたふたトーク”. オープロダクション社長日記 (2013年8月4日). 2013年8月14日閲覧。
  15. ^ kumoako1972 (2014年7月3日). “映画『ハーメルン』苫小牧と浦河の初日(7/5)は、舞台挨拶&トークがあります!”. 坪川拓史. Twitter. 2014年7月14日閲覧。
  16. ^ “弁士や楽団も登場 創成期再現、70年ぶり無声映画「12月の三輪車」浦河・大黒座で来月9日”. 北海道新聞朝刊地方版苫小牧 (北海道新聞社): p. 29. (2005年9月14日) 
  17. ^ “浦河に「ももクロ!!」主演映画あいさつにファン160人”. 北海道新聞朝刊地方版苫小牧 (北海道新聞社). (2015年8月11日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0167270.html 2015年8月13日閲覧。 
  18. ^ "浦河町で100年 映画館「大黒座」を守る家族のヒストリー". マチュアライフ北海道. テレビ北海道. 2016年12月4日放送. 第35回. 2016年12月5日閲覧。
  19. ^ "旅のトビラ~旅立ちの季節…春の日高路めぐり". どさんこワイド179. 札幌テレビ放送. 2018年3月30日放送. 2018年4月2日閲覧。
  20. ^ 小さな町の小さな映画館 映画.com
  21. ^ 上映情報 小さな町の小さな映画館

外部リンク編集