メインメニューを開く

姉妹坂

日本の漫画、映画作品

姉妹坂』(しまいざか)は、大山和栄の長編漫画作品である。小学館の雑誌「プチセブン」で連載されていた。1985年には東宝にて映画化されている。

概要編集

京都を舞台にした4人姉妹の愛と青春の物語。しかし姉妹は、長女・彩を除いて実の子では無かった。その後、次女・茜が白血病を発症する…。

単行本編集

小学館から全19巻発行。また新装版として講談社から2003年10月から2004年1月まで月2冊ずつ全8巻にて発行されている。

  1. ISBN 9784091306715(1980年6月)新装版 ISBN 9784063606324(2003年10月)
  2. ISBN 9784091306722(1980年7月)新装版 ISBN 9784063606331(2003年10月)
  3. ISBN 9784091306739(1980年10月)新装版 ISBN 9784063606539(2003年11月)
  4. ISBN 9784091306746(1981年2月)新装版 ISBN 9784063606546(2003年11月)
  5. ISBN 9784091306753(1981年5月)新装版 ISBN 9784063606577(2003年12月)
  6. ISBN 9784091306760(1981年10月)新装版 ISBN 9784063606584(2003年12月)
  7. ISBN 9784091306777(1982年2月)新装版 ISBN 9784063607062(2004年1月)
  8. ISBN 9784091306784(1982年7月)新装版 ISBN 9784063607079(2004年1月)
  9. ISBN 9784091306791(1982年10月)
  10. ISBN 9784091306807(1983年2月)
  11. ISBN 9784091306418(1983年5月)
  12. ISBN 9784091306425(1983年7月)
  13. ISBN 9784091306432(1983年9月)
  14. ISBN 9784091306449(1983年11月)
  15. ISBN 9784091306456(1983年3月)
  16. ISBN 9784091306463(1983年6月)
  17. ISBN 9784091306470(1984年11月)
  18. ISBN 9784091306487(1985年1月)
  19. ISBN 9784091306494(1985年7月)

映画編集

姉妹坂
監督 大林宣彦
脚本 関本郁夫
桂木薫
製作 小倉斉
新坂純一
出演者 紺野美沙子
浅野温子
沢口靖子
富田靖子
音楽 宮崎尚志
主題歌 布施明
撮影 宝田武久
編集 小川信夫
配給 東宝
公開   1985年12月21日
上映時間 100分
製作国   日本
言語 日本語
配給収入 7億円[1]
テンプレートを表示

姉妹坂』(しまいざか)は、1985年12月21日に公開された日本映画。製作は東宝映画。配給は東宝カラービスタビジョンサイズ。

ストーリーは杏の大学入学から茜の病死に伴う遺言公開までを扱う。杏が通う同立大学のロケは同志社大学今出川校地、茜の回想などでの「なんだ坂、こんな坂…」のシーンは日向大神宮への坂道で、喜多沢家が経営する喫茶店「小径」は哲学の道沿いに今も実在する「小径」で行われた。

作中での四姉妹の台詞は、次女・茜のみが標準語で、他の三人は京都弁

封切の日に四姉妹を演じた四人の美女を見守る東宝幹部は顔を緩みっ放し[2]。東宝は長い間、山口百恵ゴジラなど、助っ人や怪獣が正月映画の顔を務めていたため[2]、本作の沢口靖子、併映『雪の断章 -情熱-』の斉藤由貴と自社の専属女優の映画に東映幹部は「久しぶりに正月映画をうちの女優で飾らせてもらいました」と胸を張った[2]。沢口はNHK連続テレビ小説澪つくし』を撮り終えたところで、「この一年間、演技の基礎を勉強させていただきました」と話したため、意地悪な記者から「でも、まだ演技の方が…」と言われた。すかさず大林宣彦監督が「演技が必要なのはアクトレス。スターに演技はいらない。イングリッド・バーグマンが演技してますか。ただ、映画の場面、状況の中で、的確なリアクションを起こす才能がなければいけない。不器用とか言われてますが、彼女はその点素晴らしい。間違いなくスターです」と独特な大林理論で擁護した[2]

主要な大林宣彦監督作品には珍しく、DVD化はされていない。

キャッチコピー編集

  • お姉ちゃん、うちらほんまに姉妹やの?

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

雪の断章 -情熱-

脚注編集

  1. ^ 「1986年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1987年昭和62年)2月下旬号、キネマ旬報社、1987年、 130頁。
  2. ^ a b c d 「'86ドラマの魅力を支えるスターたち 古都を舞台に恋と別離のドラマを織りなす四姉妹 『姉妹坂』」『サンデー毎日』1986年1月26日号、毎日新聞社、 4-5頁。

外部リンク編集