子宮癌

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

子宮癌(しきゅうがん、: Uterine cancer)は、子宮に発生する悪性腫瘍 のうち以下の二つを総称したもの。

なお日本産科婦人科学会では、「子宮がん」は定義があいまいであり、上記2疾患は明確に区別すべきとして、この用語を廃止するよう厚生労働省に要望するとしている[1][2]

また、子宮に発生する悪性腫瘍には他に以下もある。

脚注編集