メインメニューを開く

子象物語 地上に降りた天使』(こぞうものがたり ちじょうにおりたてんし)は、1986年に公開された東宝製作の日本映画

子象物語 地上に降りた天使
監督 木下亮
脚本 山田信夫
製作 大西良昌
新坂純一
出演者 武田鉄矢
遥くらら
萩尾みどり
水谷麻里
音楽 羽田健太郎
主題歌 水谷麻里「地上に降りた天使」
撮影 安藤庄平
編集 黒岩義民
製作会社 ビックウエスト
東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1986年7月26日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億円[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

昭和15年、東京富士見動物園でのサクラがハナ子を生んだ。ハナ子は小学生達のアイドルとして成長して行くが、第二次世界大戦に突入すると軍から五大都市圏動物園に猛獣殺害処分命令が下る。裏技として地方の動物園に引き取りを依頼し長野県の動物園が引き受ける事になるが、軍は移送を認めない。そんな中、軍に極秘裏に疎開させようとする。

飼育員の田辺正太と軍の担当者の秋元圭司は同級生であり、その秋元の婚約者である木暮幸子は軍によって音楽の道を閉ざされた人物。それらの人物の葛藤を含んで物語は進んでいく。

製作スタッフ編集

キャスト編集

その他編集

1984年、この映画での象の出演依頼を受けた湘南動物プロダクション(現:市原ぞうの国)経営者の当時11歳だった息子・坂本哲夢がテレビ番組のタイアップもあり、この映画の象の出演に向けた象使い育成のため、タイの「チェンダーオゾウ訓練センター」に初の外国人訓練生として短期留学。翌年、本格的に修行留学を行い、日本人初の象使いとして撮影に臨んだ。

後に彼は交通事故で亡くなったが、その人生は『星になった少年』のタイトルで映画化されている。

象を輸送するシーンは、静岡県の大井川鐵道の100%協力で行われた。

脚注編集

  1. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」『キネマ旬報1987年昭和62年)2月下旬号、キネマ旬報社、1987年、 129頁。

関連項目編集

外部リンク編集