メインメニューを開く

三上 寛(みかみ かん、1950年3月20日 - )は日本フォークシンガー俳優青森県北津軽郡小泊村(現・中泊町)出身。

三上 寛
別名 少年A
生誕 (1950-03-20) 1950年3月20日(69歳)
出身地 日本の旗 日本 青森県北津軽郡小泊村
学歴 青森県立五所川原高等学校卒業
ジャンル フォーク
ブルース
アシッド・フォーク
職業 フォークシンガー俳優詩人
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1971年 - 現在
公式サイト http://ameblo.jp/kan-mikami/

目次

来歴・人物編集

代々漁師の家系(ただし父親は役場勤務)に生まれる[1]

小泊村立小泊小学校(現・中泊町立小泊小学校)時代には、後に現代詩の手解きを受けることになる(アレン・ギンズバーグなどの存在も教わる)泉谷明[2]と出会う[1][3][4][5]

青森県立五所川原高等学校在学中は、生徒会長を務めたことがあり、バンドを組んでザ・タイガースジャッキー吉川とブルーコメッツなどをカバーしていた。作詞も高校一年から始め、バンドでは自作のオリジナル曲を演奏したこともあるという[要出典]。1967年にはガリ版刷り詩集「白い彫刻」を自費出版。同郷の詩人寺山修司の眼にとまり、「寛は詩がうまい」と言われたともいう[6]

高校卒業後、警察官を目指して青森県警の警察学校に通っていたが[7]、在学中に盗みを働いたと疑われ退学となり(ただしこれは濡れ衣を着せられた冤罪であり、後に真犯人が逮捕されている。)、1968年秋に詩人になりたい気持ちを秘めながら上京[1]

初めは片瀬江ノ島駅近くの割烹料亭「角若松」での板前見習いに就くも[8][9]、岡林信康の『山谷ブルース』を聞いた衝動で退職を決意。1969年1月31日に東京へ出て、翌日から中野区の新聞販売店で住み込み勤務を始め[1][8]、詩を書き溜めていった。配達先のスナックのマスターの紹介で、田原総一朗(当時は東京12チャンネルのディレクター)と会い、永山則夫を題材にした『ピストル魔の少年』(高卒の三上にとって当時の大学生を中心とした学生運動よりも強い重要性を感じた事象であり[1][10]、永山事件の芝居化も計画していた[11])を歌う[1]。1970年11月11日には、田原が制作したドキュメンタリー青春「ドギつく生きよう宣言〜もう一人の永山則夫・三上寛〜」が放送された[12]

1970年1月から、アナーキスト牧田吉明がオーナーを務める渋谷のライブスペース「ステーション70」に出演するようになり、フォークシンガーの道を歩む[8]。同店の客だった楯の会第一期メンバー阿部勉の紹介で[13]田中清玄が運営する[14]千葉のコンビナートでの下請けを始める[15]

1971年3月、ばばこういち(前述の田原総一朗の上司でもあった[14])のプロデュースによって[13]、シングル『馬鹿ぶし』でデビュー。バーテンダーのアルバイトをしていた新宿ゴールデン街のスナック「唯尼庵」に来店したプロデューサーの誘いがきっかけで[4][16]、同年8月7日・8日の「第3回全日本フォークジャンボリー(中津川フォークジャンボリー)」に急遽出演を果たす。自作歌詞による『夢は夜ひらく』のカバーや、よど号ハイジャック事件を題材にした『飛行機ぶんどって』などを歌唱して、男性観衆を中心に大歓声を浴び、知名度も向上した。

一方で、その風貌から1970年代のジョイントコンサートでは、三上がステージに出てくるとガロ吉田拓郎めあてに来ていた女性ファンは、一斉にトイレに逃げ込んでいたといわれる[17]

1973年東映映画ネオンくらげ』は、監督の内藤誠が三上の楽曲の世界観を映画化したもの[18]

音楽活動の一方、俳優業でも数多くの作品で活躍しており、1970年代の映画や刑事ドラマでは、個性派の怪優を演じた。東映の大部屋系悪役俳優で構成されたユニット「ピラニア軍団」のLPレコードのプロデューサーも務めた。

主な音楽作品編集

シングル編集

  • 馬鹿ぶし / ものな子守唄(1971年コロムビア
  • 夢でよかった / 砂丘 (1972年、コロムビア)
  • 夢は夜ひらく / 誰を怨めばいいのでございましょうか(1972年、URC
  • 青森県北津軽郡東京村 / よいしょよいしょ(1972年、URC)
  • かけおち / おととし泣いた夕暮れと(1973年、コロムビア)
  • 今度お前と会う時は / あいつ(1975年ビクター
  • せりふ / 自己嫌悪のサンバ(1976年、ビクター)
  • なかなか / 大感情(1980年東芝エキスプレス
  • Woo Baby Oh Baby / 俺のエレジー(1981年、東芝エキスプレス)
  • 典子は、今〜愛のテーマ / 典子は、今(インスト)(1981年、東芝エキスプレス)
  • 函館に行ったことがない / 俺のラブソング(1982年、東芝エキスプレス)
  • オートバイの失恋 / BANG!(1982年、東芝エキスプレス)

発売中止編集

  • おまわりさん / ホイ!(1972年、コロムビア)
    • 当時見本盤(規格品番:LL-10208)が制作されたが発売中止になった。2005年に三上のファンクラブ「三上考務店」から限定発売されたアルバム『補遺 1973〜1992』に収録され発売された。

アルバム編集

  • 三上寛の世界 (1971年コロムビア
  • '71中津川全日本フォークジャンボリー実況 (1971年、URC
  • 三上寛のひとりごと (1972年、コロムビア)
  • ひらく夢などあるじゃなし / 三上寛怨歌集 (1972年、URC)
  • 三上寛1972コンサートライヴ“零孤徒”(1972年、URC)
  • 船頭小唄 / 三上寛えん歌の世界 (1973年、コロムビア)
  • BANG! (1974年、URC)
  • 青い炎 (1975年ビクター
  • 寛 (1975年、ビクター)
  • 夕焼けの記憶から / 三上寛・青森ライヴ (1977年、ビクター)
  • 負けるときもあるだろう (1978年ベルウッド
  • 三上寛ライヴ・中津川全日本フォークジャンボリー'71 (1979年、SMS)
  • Baby (1981年東芝エキスプレス
  • このレコードを盗め!! 初三上寛ベストアルバム (1982年、東芝エキスプレス)
  • 平成元年ライヴ(上・下) (1990年、PSF)
  • 俺が居る。(1991年、PSF)
  • 女優 (1992年、PSF)
  • U.S.E. (1993年、PSF)
  • 7月の英傑 (1994年、PSF)
  • 御縁 (1994年、PSF) ※友川かずきとのジョイントライヴ
  • JAZZ・その他 (1995年、PSF)
  • 砂山963 (1996年、PSF)
  • 峠の商人 (1997年、PSF)
  • アラシ・雨・アラシ (1998年、PSF)
  • 南部式 (1999年、PSF)
  • 四拾九億八万九千六百五拾八分の拾参 (2000年、PSF)
  • 紳士の憂鬱 (2001年、PSF)
  • レスボス (2002年、PSF)
  • 1979 (2003年、PSF)
  • BACHI(撥) ー柏村からー (2004年、TURTLES' DREAM)
  • 異議ナシ! 新宿二丁目ライブ (2005年、OPEN)
  • 吠える練習//白線 (2007年、PSF)
  • 10(JUW) (2008年、PSF)
  • -1(minus 1) (2008年、PSF)
  • nishiogi no tsuki (2009年、Siwa)
  • 弥吉 (2010年、PSF)
  • 三上寛 第4詩集 (2010年、H.I.T)
  • 閂-SUN- (2011年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)
  • 門 -MON- (2011年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)
  • 馬銜っ主 (2012年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)
  • ブログ ツィート フェイスブック (2013年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)
  • KIND OF KOCHI (2014年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)
  • 花も嵐も踏み越えて (2014年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)
  • 音曲(Ongyoku) (2015年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)
  • Pi (2016年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)
  • 35HR (2017年、CHAOTIC NOISE RECORDINGS)

ソノシート編集

  • おまわりさん!!(「少年A」名義)[19]
  • ホイ![19]
2曲共に、『まんがNo.1』付属ソノシートとして発表[19]

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

情報番組編集

ラジオ出演編集

著作編集

  • 白い彫刻 (1967年、自費出版)
  • 愛と希望に向かって撃て (1973年、社会思想社
  • 三上寛の世界 (1976年、共同音楽出版社)
  • 北津軽郡東京村 (1976年、津軽書房)
  • さようならああと手をふって (1977年、新書館)
  • お父さんが見た海 (1979年、思潮社)
  • 津軽野郎 (1980年、北の街社)
  • 子供の頃僕は、優等生だった (1982年、話の特集)
  • 津軽発妄想列車最終便 (1982年、立風書房
  • 上京入門 (1987年、KKロングセラーズ
  • 三上寛怨歌に生きる (2000年、彩流社

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 三上さんの原稿
  2. ^ 泉谷明 作家解説 青森県立図書館
  3. ^ 野球帽 三上寛オフィシャルブログ・寛闊
  4. ^ a b 異端の三上寛、ツイッターを歌う インタビュー詳報 朝日新聞 2013年11月18日
  5. ^ 三上寛『新世界』降臨直前インタビュー ヨリミチ
  6. ^ 創造現場◎第65回〈風の祭り改め〉IWAKI鬼市場 忘れない #4 いわきアリオス
  7. ^ 警察学校物語 三上寛オフィシャルブログ・寛闊
  8. ^ a b c 岡林信康の「山谷ブルース」を聞いた板前見習いの若者が起こした行動 TAP the POP(佐藤剛
  9. ^ interview with Kan Mikami もうひとりの、“日本のパンク”のゴッドファーザー ――三上寛、超ロング・インタヴュー(2/8) - ele-king、2012年5月9日(取材:野田努
  10. ^ interview with Kan Mikami もうひとりの、“日本のパンク”のゴッドファーザー ――三上寛、超ロング・インタヴュー(3/8) - ele-king、2012年5月9日(取材:野田努
  11. ^ DVD「田原総一朗の遺言 永山則夫と三上寛/田中角栄」での述懐より。
  12. ^ 制作者研究 〈“過ぎ去らない”巨匠たちの仕事場〉【第6回】田原総一朗 NHK
  13. ^ a b 「ばばこういち」という生き方 鈴木邦男をぶっとばせ!
  14. ^ a b 2011年05月29日 『三上寛怨歌(フォーク)に生きる』(彩流社) 水道橋博士の「博士の悪童日記」
  15. ^ 田原総一朗の遺言 ~永山則夫と三上寛/田中角栄~ ポニーキャニオン
  16. ^ 無名だった三上寛が大観衆の喝采を浴びた「夢は夜ひらく」~第3回全日本フォークジャンボリー TAP the POP(佐藤剛
  17. ^ 鈴木勝生『風に吹かれた神々―幻のURCとフォーク・ジャンボリー』シンコー・ミュージック、1987年、33頁
  18. ^ THE ネオンくらげ/ラピュタ阿佐ケ谷内藤誠『監督ばか』彩流社、2014年、101-104頁。ISBN 978-4-7791-7016-4杉作J太郎・植地毅(編著)「内藤誠インタビュー」『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』徳間書店、1999年、107-110頁。ISBN 4-19-861016-9flowerwild.net - 内藤誠、『番格ロック』を語る vol.3
  19. ^ a b c あの幻の「まんがNo.1」が今蘇る!?、赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!、2006年9月26日。
  20. ^ 出演者”. 映画「華魂 幻影」公式ホームページ. 2017年9月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集