メインメニューを開く

学力向上進学重点校(がくりょくこうじょうしんがくじゅうてんこう)とは、神奈川県教育委員会から指定された、大学進学指導の充実を図り進学実績向上に重点を置いた公立学校2007年に10校が指定され[1]2010年に新たに8校が追加された[2]

2013年に下記の18校が再指定され、そのうち横浜翠嵐と湘南は「アドバンス校」となり、指定校の牽引役という位置づけとなった[3]

なお、「エントリー校」17校の中から2018年度に改めて新制度の下で学力向上進学重点校を指定するにあたって、県は湘南高校横浜翠嵐高校2017年10月に先行指定している。2018年3月30日、県教育委員会は新たに柏陽高校厚木高校を学力向上進学重点校に追加指定し[4]、2018年4月1日から上記の4校体制で新制度が発足した(令和3年3月31日まで3年間)。

2018年6月12日、県教育委員会は、2019年度入試において、学力向上進学重点校4校(横浜翠嵐高校、湘南高校、柏陽高校、厚木高校)ならびに平塚江南高校、希望ヶ丘高校、横須賀高校の自己表現(特色)検査を学校独自問題ではなく、「共通問題」と「共通選択問題」を用いて実施することを発表した[5]

2018年7月12日の記者発表で、神奈川県教育委員会は平成31年度に実施する令和2年度入学者選抜では、学力向上進学重点校4校(横浜翠嵐高校湘南高校柏陽高校厚木高校)と全ての学力向上進学重点校エントリー校(川和高校希望ヶ丘高校多摩高校横浜緑ヶ丘高校光陵高校横浜平沼高校大和高校平塚江南高校相模原高校小田原高校鎌倉高校横須賀高校茅ヶ崎北陵高校)において共通問題と共通選択問題を用いた特色検査(自己表現検査)を実施することを発表した。

指定校編集

脚注編集

関連項目編集