安平川(あびらがわ)は、北海道胆振総合振興局管内を流れ勇払川と合流した後に太平洋に注ぐ二級河川。安平川水系の本流である。

安平川
安平川 2012年6月30日撮影
安平川(安平町遠浅) 源武橋より上流を望む
水系 二級水系 安平川
種別 二級河川
延長 49.8[1] km
平均流量 3.8 [2] m³/s
(静川橋水位観測所)
流域面積 539.2[1] km²
水源 シアビラヌプリ[1]安平町由仁町
水源の標高 364 m
河口・合流先 太平洋苫小牧市
流域 北海道胆振総合振興局管内
テンプレートを表示

地理編集

北海道胆振総合振興局管内勇払郡安平町空知総合振興局管内夕張郡由仁町との境界にあるシアビラヌプリ(標高364m)に源を発し、北西から西に流れた後、安平町追分市街から南方に向きを変え、早来市街や農地、勇払原野を貫流し、苫小牧市勇払付近で支流の勇払川と合流し太平洋に注ぐ[1][3]

地名由来編集

アイヌ語での「アラ・ピラ・ペッ」(片・崖・川)の意とされている[1]。アラは、「片側、片方、一方(対をなすものの片一方)」の意味でビラは「崖」でベッは「川」の意味。川岸の片方が崖になっている地形から付けられた。

治水編集

 
二連で動力ラック方式の四号樋門(安平町遠浅)

安平川流域では、1947年(昭和22年)の浸水被害を契機として、1950年(昭和25年)より堤防の新設や河道掘削等を実施しているが[4][5]、その後も1965年、1975年、1981年と水害に見舞われている[4][5]

2013年(平成25年)11月に策定された安平川水系河川整備計画では、河口から36.3kmを優先整備区間としており[6]、、堤防の整備、河道の掘削の他、特に勇払原野を流れる下流域においては、堤防の間隔を広く取り高水敷に洪水時の流水を一時的に貯留させる「河道内調整地」による治水対策を実施することとし、その範囲には弁天沼も含むこととしている[6]

下流湿地帯の区間では二連の大型樋門で氾濫時の逆流に備えている。

1982年(昭和57年)に発表された千歳川放水路計画では、安平川の遠浅川合流点から下流区間が放水路のルートとして設定されたが、その後放水路計画は中止となっている[4][5]

利水編集

遠浅川合流点より上流では、沿川が主に農地であることから農業用水として利用されている[7]。 支流の支安平川上流に稲作灌漑用の瑞穂ダムが築造されている他に一定スパンで揚水機場が設けられている。 一方、遠浅川合流点より下流部では、苫小牧東部地域の工業用水として利用されており、最大1.238m3/s が取水されている[7]

流域の自治体編集

北海道
胆振総合振興局安平町苫小牧市

支流編集

括弧内は流域の自治体

  • 光起川(安平町)
  • 支安平川(安平町)
  • ニタッポロ川(安平町)
  • 遠浅川(安平町)
  • 勇払川(苫小牧市)
  • 旧明野川(苫小牧市)
  • 弁天水路川(苫小牧市)

主な橋梁編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集