メインメニューを開く

安房地域医療センター(あわちいきいりょうセンター)は、149床(註:2010年1月20日現在)を持つ病院。千葉県の災害拠点病院、安房地域における2次救急病院でもある。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 安房地域医療センター
Awa Regional Medical Center.JPG
情報
正式名称 社会福祉法人太陽会 安房地域医療センター
前身 安房医師会病院
標榜診療科 内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、泌尿器科、麻酔科、神経内科、糖尿病内分泌内科
許可病床数

149床


一般病床:149床
開設者 社会福祉法人太陽会
管理者 上村公平(院長)
開設年月日 2008年平成20年)4月1日
所在地
294-0014
千葉県館山市山本1155番地
位置 北緯35度00分00秒
東経139度53分30秒
二次医療圏 安房
特記事項 千葉県災害拠点病院
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

1964年昭和39年)、当時の千葉県館山市湊の千葉県道302号沿いの平久里川のほとりに建てられた安房医師会病院をその起源とする。その後2000年平成12年)5月20日館山市山本に新病棟が竣工した[1]。 赤字や医師不足などの経営困難により、経営委譲の応募は鉄蕉会のみで[2]、運営実績と財務を基準に亀田総合病院グループに決定して[3]2008年(平成20年)3月19日に経営継承の合意書に締結した[4]

社会福祉法人太陽会に経営が引き継がれ2008年(平成20年)4月、現在の名称になる[1]

当該施設の南側駐車場に隣接して、救急棟が新築され、2012年(平成24年)4月完成[5]。うち、1階を救急専門としてICU5床を配備し、2階に透析室や医局、医師当直室、3階を外来リハビリとする予定[6]

年表編集

診療科編集

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ a b c “安房医師会病院が竣工 都市医療の中核担う 沼田知事らテープカット 館山市”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2000年5月21日) 
  2. ^ “応募は鉄蕉会のみ 経営委譲申し込み 館山の安房医師会病院”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 17. (2008年1月10日) 
  3. ^ “委譲先は亀田グループ 経営不振の館山・安房医師会病院 運営実績、財務を基準に決定”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 17. (2008年1月13日) 
  4. ^ a b “経営継承の合意書締結 館山の安房医師会病院 新病院名「安房地域医療センター」 あす県に開設届けを提出”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 17. (2008年3月20日) 
  5. ^ a b “新救急棟が完成 安房地域医療センター 質高い北米型医療目指す 館山”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 9. (2012年4月18日) 
  6. ^ 安房地域医療センター 救急棟着工へ安全祈願祭
  7. ^ “19日から無料低額診療 安房地域医療センター”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 9. (2012年11月16日) 

関連項目編集

外部リンク編集