メインメニューを開く

宮古協栄バス合資会社(みやこきょうえいバス)は、沖縄県宮古島市に本社を置き、宮古列島宮古島来間島伊良部島下地島)で路線バス観光バス事業を営むバス会社である。他に関連会社の合資会社協栄タクシーが、タクシー事業を営んでいる。

宮古協栄バス合資会社
Miyako Kyoeibus Corporation
種類 合資会社
略称 協栄バス
本社所在地 日本の旗 日本
906-0012
沖縄県宮古島市平良字西里768-2(移転前)[1]
設立 1959年(昭和34年)2月3日[1]
業種 陸運業
法人番号 7360003005301
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業ほか
代表者 代表社員 豊見山健児[1]
資本金 31,845,200円[1]
従業員数 16人[1]
外部リンク https://385kyoei.com/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

路線編集

宮古島の南部を中心に、宮古島市の中心市街地(旧平良市)と旧郡部(宮古郡)の旧上野村城辺町下地町伊良部町の地域を結ぶ6路線を運行する。

平良港から徒歩約20分、島の繁華街・西里通りから徒歩12分の平良バスターミナルが運行の拠点である。同じく宮古列島(主に宮古島北部)を営業エリアとする八千代バスも同名の平良バスターミナルを拠点とするが、両ターミナルは離れた場所にある。また、両社はともに宮古島市中心部に乗り入れるにもかかわらず、かつては重複区間も接続停留所もまったくなかった[10]。しかし、伊良部大橋の開通に合わせて伊良部島の共和バスを含む3社が平良港への乗り入れを開始し、結節点となった平良港で3社の乗り換えが可能となった。

各路線とも、平日の8-9時台に旧郡部から平良港方面に向かう便1-2本は県立宮古病院・実業高校経由となる。なお、宮古病院からの帰りの便は「ニーズが不確定」として運行されない[4]

定期券はなく、通勤・通学用の50枚綴の回数券が存在する。平良停留所と各停留所間のみ設定されている[11]

ダイヤは平日と土日祝日ダイヤがあるが、学校の春・夏・冬休み期間は土日祝日ダイヤでの運行となる[11]

現行路線編集

6路線。

以下の経路の表記において 【 】 は経由する便としない便があることを示す。1番の始発・最終便を除き、全便とも平良ターミナルを出たあと市街地・平良港と各地の終点の間を1往復もしくはラケット状に循環し、平良ターミナルに戻ってくるダイヤとなっている。

また、以下では主な経路を記述しているが、同じ路線でも便により運行経路、停車順、停車地には細かい違いがある。

系統1番(新城吉野保良線)編集

主な経路
平良 → 【宮古病院/市役所前】 → 平良港 → 公設市場前 → 西里通り入口 → 平良 → 宮古自練前 → 名底 → 野原越 → 長間局前 → 城辺小学校前 → 七又 → 保良 → 平良
主な停車地
平良港、市役所前、宮古病院、西里通り入口、平良、鏡原、更竹、長間局前、城辺小学校前、福里、皆福、大道、七又、吉野、保良

平良と島の南東部の旧城辺町の福里・保良(ぼら)地区を結ぶ路線である。吉野を経由する便と経由しない便がある。平日7本、土日祝日5本の運行。平日朝の平良港行き2本は宮古病院経由。平日の始発便は保良が始発で、平日の最終便は保良が終点となる。

終点の保良には車庫が設けられている[要出典]

系統2番(長北山北線)編集

主な経路
平良 → 【宮古病院/市役所前】 → 平良港 → 公設市場前 → 西里通り入口 → 平良 → 宮古自練前 → 名底 → 比嘉 → 名底 → 宮古自練前 → 平良
主な停車地
平良港、市役所前、宮古病院、西里通り入口、公設市場前、平良、鏡原、名底、野原越、更竹、山北、大瀬原、長間局前、比嘉

平良と島東部(県道78号線以北)の比嘉地区を結ぶ路線である。平日・土日祝日とも3往復運行。平日朝の平良港行き1本は宮古病院経由。

系統3番(友利線)編集

主な経路
平良 → 【宮古病院/市役所前】 → 平良港 → 公設市場前 → 西里通り入口 → 平良 → 宮古自練前 → 名底 → 野原越 → 友利 → 野原越 → 宮古自練前 → 下地鮮魚店前 → 平良
主な停車地
平良港、市役所前、宮古病院、西里通り入口、公設市場前、宮古病院、平良、鏡原、名底、野原越、東ヨナ原、仲原、花切、砂川、友利

平良と島の南部の旧城辺町域西側の友利地区を結ぶ路線。平日6本、土日祝日5本運行。平日朝の平良港行き2本は宮古病院経由。

系統4番(与那覇嘉手苅線)編集

主な経路
平良 → 市役所前 → 平良港 → 公設市場前 → イオンタウン南店 → 下地町役場前 → 与那覇 → 洲鎌 → 【来間】 → 嘉手苅 → 洲鎌 → 下地町役場前 → イオンタウン南店 → 【宮古病院】 → 公設市場前 → 平良港 → 市役所前 → 平良
平良 → (この間上記と同一経路) → 下地町役場前 → 与那覇 → 下地町役場前 → 【西里通り入口/平良港】 → 平良
主な停車地
平良、市役所前、平良港、西里通り入口、公設市場前、宮古病院、イオンタウン南店、川満、下地町役場前、与那覇、洲鎌、来間、棚根、入江、嘉手苅

平良と島南西部の与那覇・嘉手苅両地区を結ぶ路線である。与那覇で折り返す便と、入江湾周辺部の入江・嘉手苅地区を回るラケット型循環経路の便がある。

平日6本、土日祝日5本の運行。うち2本が与那覇折り返し。平日朝の平良港行き2本は宮古病院経由。日中2本が来間島へ乗り入れる。

系統5番(新里宮国線)編集

主な経路
平良 → 市役所前 → 平良港 → 公設市場前 → 宮古自練前 → 空港入口 → 【空港ターミナル前】 → 山中 → 【野原】 → 宮国 → 山中 → 【空港ターミナル前】 → 空港入口 → 宮古自練前 → 【宮古病院/県合同庁舎前】 → 平良港 → 市役所前 → 平良
主な停車地
平良、市役所前、平良港、公設市場前、宮古病院、県合同庁舎前、西里通り入口、宮古自練前、空港入口、空港ターミナル前、東地盛、ヤーバル、野原公民館前、新里、シギラビーチ入口、宮国

平良と島の南部の旧上野村域を結ぶ路線。平良を出発し、旧上野村域を一周して平良に戻るラケット型循環路線である。宮古空港を経由するほか、シギラビーチやうえのドイツ文化村に近い場所を通る。

平日7本、土日祝日5本の運行。平日朝の2本は宮古病院経由。野原公民館前に立ち寄る便もある。

全便が宮古空港近くの空港入口を経由するが、宮古空港ターミナル前に乗り入れるのは9時台から16時台までの3.5往復(1本は宮国からの復路のみ乗り入れ、3本は往路・復路ともに乗り入れ)に限られる。また、航空機と接続するダイヤとはなっていない。

なお、2009年(平成21年)10月に宮古島市街地のホテル8軒が資金を出し合い、当社へ委託する形で各ホテルと宮古空港との間で無料バスの運行(5往復)を計画したが、地元のタクシー業者からの反発により白紙撤回されている[12]

2016年3月1日の改正により、系統番号が6番から5番に変更された。

系統9番(みやこ下地島空港リゾート線)編集

経路
シーブリーズカジュアルリゾート前 - 東急ホテル前 - 空港ターミナル前 - マティダ市民劇場前 - みやこ下地島空港ターミナル

宮古島南部のシーブリーズカジュアルリゾート前から宮古空港および平良市街地を通り、伊良部大橋からみやこ下地島空港ターミナルに至る路線。ルートは中央交通が運行する「みやこ下地島エアポートライナー[13]」とほぼ重複している。伊良部島内は島の南岸を走行し共和バスと重複しないルートを取る。空港アクセスバスであるが、各停車地相互間で利用可能。下地島空港発着便がある日のみ1日1往復運行。帰り便は飛行機到着遅延の場合は出発を遅らせる。なお飛行機欠航時には運休[8]

過去の路線編集

系統5番(空港線)編集

経路
空港 - 東急リゾートホテル

2002年(平成14年)4月1日に、宮古空港 - 東急リゾートホテル間の無料シャトルバスの運行を開始。2014年(平成26年)3月31日に廃止[2]

系統7番(久松線)編集

経路
駐車場前 - 合同庁舎前 - 久松

平良と市街地南西部の久松地区を結ぶ短距離の路線。平良では他路線と違い、本社バスターミナルではなく宮古島公設市場の向かいにある「駐車場前」から発着していた。かつては市場へ通う行商人が多く利用し、最盛期には日中30分間隔で運転されていたが、近年は利用客も減少し末期は1日1往復のみの運行であった。2016年(平成28年)3月1日廃止[2]。なお、同社の運行路線で唯一、県・市からの赤字補てん金の対象からはずれていた[14]

車両編集

いすゞ日産ディーゼル(現:UDトラックス)、三菱ふそう日野の国内4メーカーを揃えている。

路線車に関しては、これまで自社発注の車両(非冷房仕様)が占めていたが、現在は本土から移籍してきた中古車両への代替が進められ、2011年(平成23年)6月からはスロープ付きのワンステップバスが導入されている[15]

また以下の特筆すべき特徴がある。

  • 冷房は使用されない。
  • 次のバス停のアナウンスや表示はない。
  • 運賃は運転手に直接支払う。乗車時でも降車時でも可。
  • 両替機が使用できないため釣銭は運転手から受け取る。

冷房以外は宮古地区の路線バス業者に共通である。

移籍車の供給元編集

かつて存在した移籍車の供給元編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 会社案内 宮古協栄バス合資会社・合資会社協栄タクシー
  2. ^ a b c d HOT NEWS 宮古協栄バス合資会社・合資会社協栄タクシー
  3. ^ 路線変更案”. 宮古協栄バス合資会社・合資会社協栄タクシー. 2001年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  4. ^ a b “来月3日から宮古病院経由/宮古協栄バス”. 宮古毎日新聞. (2013年5月30日). http://www.miyakomainichi.com/2013/05/50326/ 
  5. ^ “来月1日から新路線/路線バス3社”. 宮古毎日新聞. (2015年1月22日). http://www.miyakomainichi.com/2015/01/71843/ 
  6. ^ “バス路線2月から新路線開始 大橋開通あわせ延長等”. 宮古新報. (2015年1月23日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=11873&continue=on 
  7. ^ “本社事務所を移転/協栄バス”. 宮古毎日新聞. (2019年2月15日). http://www.miyakomainichi.com/2019/02/116899/ 
  8. ^ a b “下地島空港-上野に新路線/宮古協栄バス”. 宮古毎日新聞. (2019年2月8日). http://www.miyakomainichi.com/2019/02/116647/ 
  9. ^ “平成31年3月30日よりみやこ下地島空港への新規路線開設します” (プレスリリース), 宮古協栄バス合資会社, (n.a.), https://385kyoei.com/shimojiap.html 2019年4月6日閲覧。 
  10. ^ 宮古島周辺バス路線図 - バスマップ沖縄、2015年1月28日時点のインターネット・アーカイブ
  11. ^ a b 路線バスのご案内”. 宮古協栄バス合資会社・合資会社協栄タクシー. 2019年4月6日閲覧。
  12. ^ 宮古島8ホテル、無料送迎バス中止 タクシー業者反対受け”. 琉球新報 (2009年10月22日). 2016年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月8日閲覧。
  13. ^ http://ck-okinawa.com/distinations/shimojishima/
  14. ^ 補助金6800万円赤字補填 / バス3社”. 宮古毎日新聞 (2012年7月28日). 2014年7月18日閲覧。
  15. ^ 10年度赤字総額5000万円超 / 市内のバス会社3社”. 宮古毎日新聞 (2011年7月30日). 2014年7月18日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集