宮沢 胤勇(みやざわ たねお、1887年明治20年)12月15日[1] - 1966年昭和41年)6月2日[2])は、日本政治家実業家

宮沢 胤勇
みやざわ たねお
宮沢胤雄.jpg
宮沢 胤勇 (明治製革社長時代)
生年月日 1887年12月15日
出生地 長野県諏訪郡川岸村(現・岡谷市
没年月日 (1966-06-02) 1966年6月2日(78歳没)
出身校 早稲田大学
前職 明治製革代表取締役社長・会長
所属政党立憲民政党→)
(無所属→)
国民民主党→)
新政クラブ→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党

日本の旗 第19-20代 運輸大臣
内閣 石橋内閣
第1次岸内閣
在任期間 1956年12月23日 - 1957年7月10日

選挙区 長野県第3区
当選回数 1回
在任期間 1960年11月21日 - 1963年10月23日

選挙区 長野県第3区
当選回数 1回
在任期間 1955年2月28日 - 1958年4月25日

選挙区 長野県第3区
当選回数 1回
在任期間 1952年10月2日 - 1953年3月14日

選挙区 長野県第3区
当選回数 3回
在任期間 1930年2月21日 - 1942年4月30日
テンプレートを表示

来歴・人物編集

長野県諏訪郡川岸村駒沢[1](現・岡谷市)に台湾総督府官吏・宮沢長吉の長男として生まれる[1]。幼少期は母と駒沢の生家で生活し[1]、1900年(明治33年)に台湾に移った[1]

日本中学校(現・日本学園中学校・高等学校)を経て早稲田大学に進み雄弁会に所属した[1]。同大卒業後、実業界を経て政界入りした。衆議院議員選挙に通算6回当選した[1]

戦前は立憲民政党に所属、戦後は旧民政党出身の大麻唯男野田武夫小泉純也浜野清吾真鍋儀十山本粂吉らと行動をともにし、改進党日本民主党自由民主党に所属した。大麻の死後は大麻派に所属していた野田・小泉・浜野・真鍋・山本らとともに岸派に所属し、岸派の分裂後は河野派に参加した野田や藤山派に参加した小泉と別れて浜野とともに川島派に所属した(なお真鍋・山本は岸派の分裂前に政界から引退した)。

 
富里(後に成田市三里塚に計画変更)での空港建設内定を報じる、1965年11月18日付の毎日新聞夕刊。宮沢が空港公団総裁に内定とある

岸の計らいにより、新東京国際空港(現・成田国際空港)建設に際して新東京国際空港公団総裁への就任が内定していたが[1]、当初建設地とされていた富里八街での大規模な反対運動により遅延していた公団設立を目前に控えて急死。急遽、戦前に朝鮮食糧団の幹部を務め岸と知り合っていた、成田努が就任することとなった。運輸大臣を経験したベテラン政治家である宮沢が空港公団総裁に就任していれば、その後の成田空港問題の展開も違ったものになっていたといわれる(成田は翌年に自らのスキャンダルで辞任し、その後の空港公団総裁職は事務次官経験者ら官僚のポストとなる)[3][4]

略歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『信州人物誌』497頁。
  2. ^ 宮沢胤勇(みやざわ たねお)とは”. コトバンク. 2019年7月26日閲覧。
  3. ^ 東京新聞千葉支局/大坪景章 編『ドキュメント成田空港』東京新聞出版局、1978年、73-74頁。
  4. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、205頁。

参考文献編集

  • 田島清編『信州人物誌』信州人物誌刊行会、1969年。
  • 中村勝実著『信州の大臣たち』1996年。

関連項目編集


公職
先代
吉野信次
  運輸大臣
第20・21代:1956年 - 1957年
次代
中村三之丞
議会
先代
猪俣浩三
  衆議院内閣委員長
1955年
次代
山本粂吉