メインメニューを開く

富士通特機システム株式会社(ふじつうとっきシステム、英社名:FUJITSU TOKKI SYSTEMS LIMITED)は、防衛関連機器及びシステムの維持整備、並びに設計開発を営む富士通完全子会社。略称はTSL。富士通防衛グループ(富士通特機システム、富士通ディフェンスシステムエンジニアリング富士通システム統合研究所)の1社。

富士通特機システム株式会社
FUJITSU TOKKI SYSTEMS LIMITED
ロゴ
武蔵小杉タワープレイス01.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TSL
本社所在地 日本の旗 日本
211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町1-403
武蔵小杉タワープレイス14階
設立 1985年2月20日
業種 電気機器
法人番号 9020001070098
事業内容 防衛関連機器及びシステムのメンテナンスサポート
代表者 代表取締役社長 岩本 慎一
資本金 1億円
売上高 単独:116億円
連結:119億円
(2017年度)
従業員数 単独:340名
連結:358名
(2018年3月31日現在)
主要株主 富士通株式会社 100%
主要子会社 富士通特機コンポーネント株式会社
外部リンク http://www.fujitsu.com/jp/group/tsl/
テンプレートを表示

目次

概要編集

防衛電子機器のメンテナンスを主な業務とし、航空機搭載コンピュータやディスプレイ、捜索監視などの赤外線イメージング装置、射撃管制などの各種レーダ装置無線機器など、それぞれの自衛隊で使用されている富士通製品を中心に、各種輸入機器にいたるまでのトータルなメンテナンスを手がける。一方で、防衛分野で培った赤外線撮影技術を応用して医療用サーモグラフィ装置の開発なども行っている。[1]

主要事業所編集

  • 本社事務所 - 神奈川県川崎市中原区小杉町1-403武蔵小杉タワープレイス14階
  • 市ヶ谷オフィス - 東京都千代田区五番町1-1 野村不動産市ヶ谷ビル

沿革編集

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集