メインメニューを開く

寺居 高志(てらい たかし、1982年1月4日 - )は、滋賀県出身の、日本柔道選手である。階級は66kg級。身長169cm。組み手は右組み。得意技は内股[1]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
ユニバーシアード
2003 済州島 66kg級

経歴編集

柔道は6歳の時に誠道館柔道クラブで始めた[1]。安土中学から平安高校へ進むと、2年の時にはインターハイ66kg級の3回戦で敗れた。3年の時には初戦で敗れた。この時、弟の大志は73kg級で3位に入った[2]明治大学へ進むと、2年の時に全日本ジュニア正力杯で優勝を飾った[1]アジアジュニアでは2位にとどまった。3年の時には選抜体重別で3位になると、正力杯から名称の変わった学生体重別では2連覇を達成した[1]講道館杯では3位に入った。嘉納杯でも3位となった[1]。3年の時には学生体重別で2位にとどまった。4年の時にはユニバーシアードで優勝を飾った[1]。2004年に旭化成の所属となった。2007年には環太平洋柔道選手権大会で優勝した[1]。2008年の選抜体重別では決勝まで進むも、会社の3年先輩である内柴正人腕挫十字固で敗れて2位だった[3]東アジア選手権では3位にとどまった[1]

戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 「平成20年度後期男女強化選手名鑑」近代柔道 ベースボールマガジン社、2009年4月号
  2. ^ 「第48回全国高等学校柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、1999年9月号
  3. ^ 平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会

外部リンク編集