メインメニューを開く

小川の辺』(おがわのほとり)は、2011年公開の日本映画

小川の辺
監督 篠原哲雄
脚本 長谷川康夫飯田健三郎
原作 藤沢周平
製作 「小川の辺」製作委員会
出演者 東山紀之
片岡愛之助
勝地涼
菊地凛子
音楽 武部聡志
撮影 柴主高秀
製作会社 デスティニー
配給 東映
公開 日本の旗 2011年7月2日
(山形県内は6月18日)
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5億5000万円[1]
テンプレートを表示

概要編集

藤沢周平の短編集「闇の穴」収録の短編小説が原作。ロケは藤沢作品に多く登場する架空の藩「海坂藩」のイメージとされる山形県庄内地方で行なわれた[2]

剣の達人である若き海坂藩士・戌井朔之助は、藩命により藩政を批判し脱藩した佐久間森衛を討つべく彼の元に向かっていた。しかし佐久間の妻は朔之助の実妹・田鶴である。場合によっては妹も斬らねばならないという朔之助は葛藤を続けていたが…。

キャスト編集

エキストラ
  • 道を歩く町人:吉村美栄子(山形県知事)
  • 旅人:市川昭男(山形市市長)
  • 旅人の娘:熊谷瞳(山形テレビアナウンサー)
  • 武家の娘:渡部有(テレビユー山形アナウンサー)
  • 武家の娘の従者:鈴木淳予(CATV山形アナウンサー)
  • 木を担ぐ農民A:渋谷雄司(山形新聞専務)
  • 木を担ぐ農民B:相磯舞(山形放送アナウンサー)
  • 旅商人:佐々木萌美(さくらんぼテレビジョンアナウンサー)

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 206頁
  2. ^ 公式サイト

外部リンク編集