メインメニューを開く

小川 美咲(おがわ みさき、1994年7月31日 - )は、静岡県伊東市出身の元女子競輪選手。現姓は野原(のはら)[1]日本競輪学校第106期生。師匠は実兄の競輪選手小川達也(93期)。夫は競輪選手の野原雅也(103期)。

来歴編集

幼少の頃から一輪車に取り組み、全日本一輪車マラソン大会において、2006年から2010年まで連続優勝を果たした。これと並行する形で、小学校4年のとき、既に自転車競技の活動をしていた兄の達也の後輩の、自身とは同級生だった妹がCSC自転車愛好会に加入したことから、自身もその影響を受けて自転車競技にも取り組むことになった。しかし、中学では部活で取り組んでいた卓球と一輪車との両立に精一杯で、愛好会はほとんど手が回らなかった。だが、高校進学にあたり、愛好会の指導者の影響を受け、静岡県立伊豆総合高等学校に進み、そこで本格的に自転車競技に取り組むことになった。

2012年全国高等学校選抜自転車競技大会小倉競輪場)の500メートルタイムトライアルで3位[2]。同年の全国高等学校総合体育大会自転車競技大会(インターハイ、弥彦競輪場)ではケイリンで2位[3]に入った。

2012年12月20日競輪学校第106回技能試験に合格[4]。同校の在校競走成績は12位(1勝)だった[5]

2014年5月3日京都向日町競輪場でデビューし5着。初勝利は同年6月9日の富山競輪場で挙げた。

アイドルタレント並みの愛くるしいルックスに特徴があることを受けて[6]、優勝実績のある何人かの選手を抑えて、2014年9月に前橋競輪場で行われたガールズケイリンコレクションに、ファン投票第6位の選出[7]を受けて出場した(5着)。

2016年11月14日、競輪選手の野原雅也との結婚、妊娠を発表[8]、長期欠場することとなった。

2017年5月17日、第一子となる長女を出産。

出産後も育児に専念しており、レースは欠場が続いていたものの、当初はレースに復帰する意向であった[9]。だが、夫の野原雅也がレース中に落車し大怪我を負ったことを機に2018年12月、家庭を優先し引退を決意、15日の伊東温泉競輪場でのトークショーでファンに向けて正式に引退表明した[10]

2019年1月15日、選手登録消除。通算168戦8勝。

脚注編集

  1. ^ 広報KEIRIN第106号 - 3ページ目に記載あり。
  2. ^ 平成23年度全国高等学校選抜自転車競技大会 500メートルタイムトライアル決勝 (PDF)
  3. ^ 平成24年度全国高等学校総合体育大会自転車競技大会 女子ケイリン 決勝 (PDF)
  4. ^ 日本競輪学校第106回生徒入学試験合格者名簿 (PDF)
  5. ^ 競走成績戦法別一覧表(女子第3回生)総合 (PDF)
  6. ^ 【競輪】女子ルックスNo.1小川美咲 オールスター出陣へ(2015年4月2日時点のアーカイブ) - 週刊ベースボールONLINE(提供元:デイリースポーツ)2014年9月13日。
  7. ^ ガールズケイリンコレクション2014 前橋ステージ ファン投票決選投票 集計結果 (PDF)
  8. ^ “スター候補・野原とアイドルレーサー・美咲が結婚…妊娠3か月”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年11月14日). オリジナルの2016年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161114121755/http://www.hochi.co.jp/gamble/keirin/20161113-OHT1T50164.html 
  9. ^ “育児“休業中”の小川美咲がトークショー 復帰に前向き「体幹トレをメインにやっています」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年2月20日). http://www.hochi.co.jp/gamble/keirin/20180220-OHT1T50101.html 2018年12月9日閲覧。 
  10. ^ “アイドルレーサーの小川美咲が引退…結婚、出産から復帰目指すも涙の決断、家庭が大事”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年12月9日). https://www.hochi.co.jp/gamble/keirin/20181208-OHT1T50173.html 2018年12月9日閲覧。 

外部リンク編集