小林芳規

日本の言語学者

小林 芳規(こばやし よしのり、1929年3月26日 - )は、日本言語学者国語学)。勲等勲三等学位文学博士東京教育大学1970年)。広島大学名誉教授文化功労者

こばやし よしのり
小林 芳規
Yoshinori Kobayashi cropped 2 Yoshinori Kobayashi 201911.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1929-03-26) 1929年3月26日(90歳)
日本の旗 山梨県
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 言語学
研究機関 東洋大学
広島大学
徳島文理大学
出身校 東京文理科大学
文理学部卒業
主な業績 角筆文献の国語学研究
主な受賞歴 東京大学
国語国文学会賞
1967年
新村出賞1987年
角川源義賞1988年
中国文化賞(1990年
日本学士院賞1991年
恩賜賞(1991年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

東洋大学文学部助教授、広島大学文学部教授徳島文理大学文学部教授などを歴任した。

概要編集

山梨県出身の国語学者である。角筆の文献による国語学研究を行ったことで知られている。東京文理科大学を卒業後、東洋大学広島大学徳島文理大学にて教鞭を執った。1991年日本学士院賞恩賜賞を同時受賞し、2019年には文化功労者として顕彰された。

略歴編集

山梨県生まれ。東京文理科大学文理学部文学科国語学国文学専攻卒業。1957年東洋大学文学部専任講師、1959年助教授1965年広島大学文学部助教授、1967年東京大学国語国文学会賞受賞、1970年「平安鎌倉時代における漢籍訓読の国語史的研究」で東京教育大学文学博士1972年広島大学文学部教授、1987年新村出賞受賞、1988年角筆文献の国語学的研究』で角川源義賞受賞、1990年中国文化賞、1991年学士院賞・恩賜賞受賞、1992年定年退官、名誉教授、徳島文理大学教授、2000年勲三等旭日中綬章受章、2002年徳島文理大退職。2019年文化功労者

著書編集

単著編集

  • 『新しい古典文法 古典の語法とその変遷』力書房 1954
  • 『平安鎌倉時代に於ける漢籍訓読の国語史的研究』東京大学出版会 1967
  • 『角筆文献の国語学的研究』汲古書院 1987
  • 『角筆のみちびく世界 日本古代・中世への照明』中公新書 1989
  • 『図説日本の漢字』大修館書店 1998
  • 『角筆文獻研究導論』汲古書院 2004-2005
  • 『平安時代の佛書に基づく漢文訓讀史の研究』汲古書院 2011-
  1. 敍述の方法 2011
  2. 未刊
  3. 初期訓讀語體系 2012
  4. 中期訓讀語體系 2012
  5. 後期訓讀語體系 2013
  • 『角筆のひらく文化史 見えない文字を読み解く』岩波書店、2014 

編著・校訂編集

  • 梁塵秘抄総索引 神作光一、王朝文学研究会共編 武蔵野書院 1972
  • 校注梁塵秘抄 神作光一共編 武蔵野書院 1972.9
  • 新潮国語辞典 山田俊雄築島裕共編 改訂 新潮社 1974
  • 法華百座聞書抄総索引 武蔵野書院 1975
  • 校註法華百座聞書抄 武蔵野書院 1976.2
  • 中山法華経寺蔵本三教指帰注総索引及び研究 築島裕共編 武蔵野書院 1980.8
  • 中山法華經寺藏本三教指歸注 築島裕共編 武藏野書院 1981.3
  • 神田本白氏文集の研究 太田次男共著 勉誠社 1982.2
  • 梁塵秘抄 武石彰夫と校注 新日本古典文学大系 岩波書店 1993.6

記念論集編集

  • 国語学論集 小林芳規博士退官記念会 汲古書院 1992
  • 国語学論集 小林芳規博士喜寿記念会 汲古書院 2006

参考編集