メインメニューを開く

小此木 啓吾(おこのぎ けいご、1930年1月31日 - 2003年9月21日)は、日本医学者精神科医精神分析家。元慶應義塾大学環境情報学部教授。元東京国際大学教授医学博士[1]

小此木 啓吾
(おこのぎ けいご)
生誕 小此木 啓吾
(おこのぎ けいご)
(1930-01-31) 1930年1月31日
日本の旗 日本東京都
死没 (2003-09-21) 2003年9月21日(73歳没)
日本の旗 日本
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神分析学
自我心理学
研究機関 慶應義塾大学
東京国際大学
出身校 慶應義塾大学医学部医学科
医学博士慶應義塾大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

青年が大学を留年しつづけ、その後も定職につかない傾向の増加を分析し、彼らを人生の選択をさけていつまでも可能性を保ったまま、大人になることを拒否して猶予期間にとどまる「モラトリアム人間」と呼んだ。

目次

来歴編集

人物編集

フロイト研究や阿闍世コンプレックス研究、家族精神医学の分野では本邦の第一人者である。著書はいずれも平易な記述であり、難解な精神分析理論を専門家のみならず広く一般に紹介した功績は大きい。最新の精神分析理論を学び、晩年は自己心理学の流れを汲んだロバート・ストロロウらによる間主観的アプローチに強い関心を示していた。後進の育成にも熱心で、狩野力八郎北山修丸田俊彦妙木浩之貞安元白波瀬丈一郎など多くの門下生が第一線で活躍している。

学会編集

著書編集

単著編集

  • 「自由連想法の研究」1960年 慶応大学より学位授与
  • 『エロス的人間論―フロイトを超えるもの―』(講談社講談社現代新書]、1970年)
  • 『現代精神分析I・II』(誠信書房、1971年)
  • 『フロイト―その自我の軌跡―』(日本放送協会出版、1973年)
  • 『世界の思想家18 フロイト』(平凡社、1977年) 
  • モラトリアム人間の時代』(中央公論新社、1978年)
  • 『フロイトとの出会い―自己確認への道―』(人文書院、1978年)
  • 『対象喪失―悲しむということ―』(中央公論新社中公新書]、1979年)
  • 『笑い・人みしり・秘密―心的現象の精神分析―』(創元社、1980年)
  • 『シゾイド人間―内なる母子関係をさぐる―』(朝日出版社、1980年)
  • 『自己愛人間―現代ナルシシズム論―』(朝日出版社、1981年)
  • 『日本人の阿闍世コンプレックス』(中央公論新社[中公新書]、1982年)
  • 『こころの進化』(CBS・ソニー出版、1982年)
  • 『家庭のない家族の時代』(ABC出版、1983年)
  • 『精神分析の成立ちと発展』(弘文堂、1985年)
  • 『現代精神分析の基礎理論』(弘文堂、1985年)
  • 『秘密の心理』(講談社[講談社現代新書]、1986年)
  • 『現代人の心理構造』(日本放送協会出版、1986年)
  • 『一・五の時代』(筑摩書房、1987年)
  • 『フロイト』(講談社[講談社学術文庫]、1989年)
  • 『フロイト―その批判と応用』(至文堂、1989年)
  • エディプスと阿闍世』(青土社、1991年)
  • 『ヒューマン・マインド』(金子書房、1991年)
  • 『映画でみる精神分析』(彩樹社、1992年)
  • 『精神分析は語る』(青土社、1995年)
  • 『あなたの身近な「困った人たち」の精神分析』(大和書房、1995年)
  • 『父と母と子、その愛憎の精神分析』(講談社[講談社+α文庫]、1997年)
  • 『なぜ「困った人」なのか』(大和書房、1999年)
  • 『「ケータイ・ネット人間」の精神分析―少年も大人も引きこもりの時代―』(飛鳥新社、2000年)
  • 『フロイト思想のキーワード』(講談社[講談社現代新書]、2002年)
  • 『現代の精神分析―フロイトからフロイト以降へ―』(講談社[講談社学術文庫]、2002年)

共著編集

編著編集

  • 『青年の精神病理2』(弘文堂、1980年)
  • 『心身症診療I・II』(六法出版、1984年)
  • 『産業精神医学』(医歯薬出版、1985年)
  • 『精神分析のすすめ―わが国におけるその成り立ちと展望』(創元社、2003年)

共編著編集

訳書編集

  • S・フロイト『フロイド選集9・15・16』(日本教文社、1969年)
  • S・フロイト『フロイト著作集6・7・9』(人文書院、1969年、1973年、1974年)
  • W・ライヒ『性格分析―その技法と理論―』(岩崎学術出版社、1969年)
  • K・A・メニンガー『精神分析技法論』(岩崎学術出版社、1969年)
  • N・W・アッカーマン『家族生活の精神力学』(岩崎学術出版社、1965年、1970年)
  • E・H・エリクソン『自我同一性―アイデンティティとライフサイクル』(誠信書房、1973年)
  • L・ベラック『山アラシのジレンマ―人間的過疎をどう生きるか―』(ダイヤモンド社、1974年)
  • F・ドルト『少年ドミニクの場合』(平凡社、1975年)
  • G・L・エンジェル『心身の力動的発達』(岩崎学術出版社、1976年)
  • H・ガントリップ『対象関係論の展開』(誠信書房、1981年)
  • M・クライン『メラニー・クライン著作集2・4・5』(誠信書房、1997年、1985年、1996年)
  • D・カイリー『ピーター・パン・シンドローム―なぜ、彼らは大人になれないのか―』(祥伝社、1984年)
  • D・カイリー『ウェンディ・ジレンマ―“愛の罠”から抜け出すために―』(祥伝社、1984年)
  • D・N・スターン『乳児の対人世界』(岩崎学術出版社、1989年)

論文編集

  • 「精神分析学の展望-主として自我心理学の発達をめぐって (1) - (5)」 『精神医学』 第3巻 5号 1961 - 第4巻 1号 1962
  • 「深層心理学 (1) - 精神分析におけるその位置づけ」 『異常心理学講座 1. 異常心理学』 みすず書房 1966
  • 「精神分析」 『児童臨床心理学講座 1. 児童臨床心理学の諸理論』 岩崎学術出版社 1969
  • 「精神分析理論」 『現代精神医学大系・第1巻』 中山書店 1981
  • 「精神分析的家族関係論の流れ」 加藤正明ほか編 『講座家族精神医学 1. 家族精神医学の基礎』 弘文堂 1982
  • 「家族ライフサイクルとパーソナリティ発達の病理」 弘文堂 1982
  • 「中年の危機」 飯田真編 『精神の科学 6. ライフサイクル』 岩波書店 1983
  • 「パーソナリティ障碍と境界例」 『精神分析研究』 第27巻 1号 1983
  • 「ピーターパン症候群」 『臨床精神医学』 第14巻 1985
  • 「逆転移のとらえ方」 『精神分析研究』 第32巻 4号 1988
  • 「フロイトの性格論」 本明寛編 『性格心理学新講座 1. 性格の理論』 金子書房 1989
  • 「治療構造論」 『臨床心理学大系 7. 心理療法 1』 金子書房 1990
  • "A history of psychoanalysis in Japan", Peter Kutter (ed.) Psychoanalysis International, Vol. 2, Frommann-Holzboog, 1995

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小此木啓吾『自己愛人間』筑摩書房、1992年9月。ISBN 9784480080165

参考文献編集

  • 大泉溥 編『日本心理学者事典』クレス出版、2003年、281頁。ISBN 4-87733-171-9

関連人物編集

関連項目編集