小泉清子

日本の実業家、和装研究家

小泉 清子(こいずみ きよこ、1918年5月7日 - 2019年2月17日)は、日本実業家で、きもの研究家。呉服販売会社「鈴乃屋」取締役名誉会長。

こいずみ きよこ
小泉 清子
生誕 (1918-05-07) 1918年5月7日
日本の旗 日本東京市下谷区
死没 (2019-02-17) 2019年2月17日(100歳没)
出身校東京府立第一高等女学校
職業和服研究家、実業家
父:鈴木房吉(被服店店主)
親戚鈴木義雄(弟)

人物編集

東京市下谷区(現在の東京都台東区)で、1909年明治42年)に開店した洋品店「鈴木シャツ被服店」を営んでいた鈴木房吉夫妻の家に生まれた。その影響もあり、小泉は幼い頃から和服に対する関心を持っていたという。弟は、後に鈴木シャツ被服店を継いで婦人服専門店の大手「鈴屋」にした実業家の鈴木義雄である[1]

東京府立第一高等女学校を卒業後、日立に3日間だけ勤務した後、内務省に入省[2]。その後結婚し、子供を2人もうけるが、夫は太平洋戦争フィリピン戦死した。

敗戦後の1947年昭和22年)、子供を養うため、生地に近い上野で呉服店「鈴乃屋」を開業する。旧姓と母の名の字から「鈴乃屋」と名付けた。苦難の末に、会社を全国規模の呉服販売チェーンストアに成長させた。

1963年(昭和38年)、軽井沢で催した鈴乃屋の展示会に皇后美智子の女官が訪れたことがきっかけで美智子との交流が始まり、美智子の着物のデザインを担当。また、2005年に行われた紀宮(黒田清子)の結婚披露宴の衣装も担当している[3]

1984年(昭和59年)からは毎年、NHK大河ドラマ計33作で衣装考証を担当。ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』でも衣装協力し、橋田壽賀子とも親交が深かった。2007年平成19年)には衣装考証での長年の貢献により第15回橋田賞特別賞を受賞した。同年、日本きもの連盟会長に就任。

2019年2月17日、老衰のため死去[4]。100歳没。

衣装考証を担当したテレビドラマ編集

著書編集

  • 『素敵なステキな着物の本』弘済出版社(こだまブック) 1977年
  • 『一衣千趣 素敵なきものステキな着つけ』講談社 1985年
  • 『鈴乃屋作品集 清鈴苑抄』フジアート出版 1989年
  • 『きものの国のレディーたちへ 新・きもの入門』オリジン社 1989年
  • 『きれいに着こなす帯結び入門』(監修) 小学館フォトカルチャー 1998年
  • 『夢我夢中 きもの一筋チャレンジ人生』日本放送出版協会 2003年
  • 『きものと一緒六十年 小泉清子自作自演集 昭和平成』セイコきもの文化財団事務局 2007年

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集